ホームレスの未来意識を取り戻すプロジェクト

「ホームレスの未来意識を取り戻すプロジェクト」というのをしてみたくなった。
ほんとうは、ある団体でしようと思ったのだが、メンバー全員の賛同が得られなかった。
市民活動は多数決で強行採決というわけにはいかないので、団体としての活動にするのはあきらめた。

やってみたいことは単純だった。
ホームレスに宝くじを1枚ずつ配るのだ。
そして、もしその宝くじが100万円以上当たったら、1割を振り込んで貰う。

まぁ、宝くじはそう簡単には当たらないだろう。けれども、当選の日まで、当たるかもしれないと思うことができる。そうすれば、未来を楽しみにする気持ちを取り戻せるのではないか。
明日が楽しみになることを、ホームレスは忘れてしまっているのじゃないか。

ちょうど、1枚100円で買える東京都の宝くじが発売になった。1万円で100枚買える。
じぶんのために、1万円分の宝くじを買おうとは思わないが、このプロジェクトを一度、やってみたいという妄想に憑りつかれていて、この妄想は、繰り返しわたしの頭の中に現れては消えていた。
そして、きょう、ついに1万円分の宝くじを買った。

一応、個人事業主としてやろうと思ったので、領収書をくださいと言うと、銀行の窓口で貰ってくれと言われた。業として成り立つわけがないが。^^;;

IMG_7400

宝くじには1枚1枚、チラシをつけた。A4の用紙を半分に切って、A5にして、ホチキスで止めた。

20150909

宝くじを1枚プレゼントします。
もし、100万円以上のお金が当たったときは、下記に、1割を振り込んでください。
100万円未満の当選金、及び、100万円以上の当選金の9割は、ご自由にお使いください。
幸運をお祈りしています!
*************************************
振込先 xxxxxx
*************************************
Get it!
http://get-it.jp/
主催 山口あずさ

たまたま友人と駅で待ち合わせをしていたので、付き合って貰うことにして、新宿に行ってきた。
その待ち合わせの時間までに、30枚しかできあがらなかったので、30枚だけ持って行った。
17時前に新宿に着いて、新宿駅周辺を歩いてみた。
まだ日が暮れていなかったこともあって、いざ探してみるとホームレスはなかなか見つからなかった。
それでも、約3時間ほどで、26枚、配った。
元気そうなホームレスの方は素直に喜んでくださった。
当たったら家買おう!と言ったり、若いホームレスはやつれた顔をして、ありがとうと言った。
身体を丸めて寝ていたホームレスは無言だった。ただ、何ごとが起こったのかと、チラシには目を通してくれた。
わたしは炊き出しなどのボランティアをしたことがない。
ホームレスの傍に寄ったことがなかったので、臭いも知らなかった。
お嬢さん(おばさんだけど)の気まぐれと言われればその通りだ。
偽善と言われれば、確かに偽善だろう。
持参した30枚は配り終えることができなかった。
強い疲労感に襲われて帰ってきた。
あと、74枚ある。。。。
夜遅くなると、アルタのところなどは驚くほどたくさんのホームレスがいる。
きょうは時間が早かったからいなかったけれども。
もっとも、昼間から横になっているホームレスの方が重傷だろう。
この宝くじ、10枚に1枚は、確実に100円が当たるだろうけれども、それ以上の当選がでるかどうか。。。。
わたし自身はたいしたくじ運を持っていない。
神様が気まぐれを起こせば、1等賞金、2500万円が一人のホームレスに当たるかもしれない。
もし、2500万円が当たったら、ホームレスににこにこ近づいてくる人がいるだろう。
お金が当たって幸せになれるかどうかわからないけれども、お金が当たると想像すれば、抽選日(9月29日)まで、ちょっぴり楽しむことができるだろう。100人に渡せれば100人の人が、ちょっとだけ楽しい気持ちになれる。

ホームレスに宝くじをプレゼントするのが流行るといいな。

日の丸9条の会

わたしのアイデアが採用されました!
超うれしい!!
日の丸に9のデザイン(デザインというより単なるアイデアですが)を気に入ってくださって、会のロゴにしてくださいました。(うれし泣き。。。)
賛否両論というより、バッシングの方が強かったので、ほとんどいじけていたのですが、気持ちがぱっと明るくなりました。
日の丸をぜひ、右翼から取り戻しましょう。九の丸だけど。
まじめに国旗みたいな旗つくろうかな。官邸前で振るの。めざせゲシュタルト崩壊!!

http://sky.ap.teacup.com/takitaro/1894.html

*****
「日の丸9条の会」の設立趣旨・要綱

日章旗は、過去「日本帝国」の旗頭として使われ、未だその侵略戦争の傷は癒えていない。しかし、これ自体にはなんら罪はなく、デザインも大変に優れており、もとより日本国の象徴として定着している。
ここに、これに愛着をもち「九条も立憲主義もこわすな」と下記の点で賛同する者の緩やかな集まり「日の丸9条の会」を設立する。

1-憲法が権力者を縛るための最高規範であることを認識し、今次の安倍政権の解釈改憲を認めない。
2―日章旗に愛着心をもつことを誇りをもって宣言する。
3―国旗・国歌の使用・不使用につき、誰に対するいかなる強制も嫌がらせも許さない。
4―専守防衛を明確にするための改憲でない限り、日本国憲法9条等の改憲を許さない。
5―侵略のための軍備は許さず、日本の核武装もその計画研究も認めず、非核三原則を堅持させる。
6―アメリカ合衆国を含めどの国の属国化していくことを認めない。
7ー啓発・運動にはもとより非暴力の手法のみを使い、他団体とも随時、共同で行動する。
8ー添付の画像を旗頭とする。
平成27年9月9日
*****

雇用保険に入って貰えないときの対処法

短い期間雇用されていた某社、入社してみたら、正社員募集のハローワークの記載が虚偽で、びっくりしたのだが、こともあろうに雇用保険に入ってくれないという会社だった。
ちょっと調べたら、雇用保険は1か月以上雇用するのであれば加入は義務で、たとえ雇われ人が同意したとしても、強制加入なので言い逃れはできない。時効は2年。ということがわかった。
わたしはとりあえず雇用延長の契約をし、雇用保険については、時効が成立する前に申し立てればよいと判断した。(法律のお勉強をしたので、この辺は、人生強気で渡れる。)
いろいろといろいろで、ほどなくこの会社とはお別れしたのだが、何かのついでのときに、短い期間とはいえ、雇用保険への加入を申し立てようと考えていた。
申し立ては、三鷹のハローワークに行かないとならない。で、きょう、そのついでができたのだ。
担当のおじさんと仲良しになって、あれこれ話していたら、某社は雇用保険関連の事務を専門の会社に丸投げしていて、その社会保険労務士系の仕事を請け負っている会社は、許認可事業なので、雇用保険に入らないというようなことはあり得ず、(※認可取り消しになる)、申し立てはうまくいく可能性が高いとのことだった。
この申し立て、今現在のわたしにとりたててメリットはないのだが、ブラック企業を放置しないために、申し立てをしておくべきと考えた。
担当のおじさんと、なぜか話がはずんで、ハローワークを活用することは企業にとってもメリットがあるのだと教えて貰った。
菅さんのときに、35歳以下で正社員になったことのない人を雇う場合の優遇策ができ、ただそれはあまりにもバラマキで、よろしくなかったという話を聞いた。
某飲食店で、店主ともう一人手伝いがいれば済むような店が、社員を7人も雇ったそうだ。
性善説だけで制度を組み立てるとこうなってしまうということの見本みたいな話だった。
やはり何か新しい制度を始めるときには、現場の意見を聞かないと、ずれたことをしてしまうのだろう。
菅さんのことをわたしは決して嫌いではないのだけれど、(吉祥寺の「いせや」で、飲みながら、3.11のときの官邸について、伺ったこともあるし)、雇用行政については、理想に走りすぎたのかもしれない。

話がちょっとそれてしまったが、とにかく、もし、雇用保険に入って貰えていない人がいたら、ハローワークにチクリ担当のおじさんかおばさんがいるはずなので、相談するといいです。
「雇用保険、なくていいです。」ともし言ってしまっていたとしても、大丈夫です。
任意加入の制度ではなく、強制加入の制度なので、入らなくてもいいという余地がないのです。

砂川事件再審請求

昨年の夏、海賊党の企画で、私が司会をして砂川事件の再審請求を扱う番組を放映した。そのご縁で、「伊達判決を生かす会」会報「生かす会ニュース」が送られてきた。
砂川事件再審請求が最終局面とのこと。
安全保障法案(通称:戦争法案)の言い訳に「砂川判決」が引用されるくらい不快なことはないのだが、なぜか、再審請求がされていることがぜんぜんニュースになっていない。
伊達判決というのは、砂川事件の最初の裁判、地裁の裁判官が伊達さんという名前で、この方が、、駐留米軍を違憲とし、被告人は無罪としたのだ。そして、跳躍上告がなされた。高裁をすっとばして、最高裁に法廷は移り、ときの田中耕太郎最高裁長官が米側と裁判の内容について通じていたことという記録が証拠として提出されている。
この砂川事件の裁判に判決を下した最高裁は、明らかに「不公平な裁判所」であり、判決は無効となるのが理の当然なのだ。

「生かす会ニュース」の全文をご覧になりたい方は、PDFをご覧ください。4ページあります。
15082301_ページ_1

2014.8 天木直人さんと土屋源太郎さんが語る集団的自衛権と伊達判決(司会:山口あずさ)

この子を残して&西東京市に落とされた模擬原爆

 

昨日は夏休み平和映画会だった。木下惠介監督、加藤剛主演「この子を残して」。
長崎を素材にした原爆の映画はあまりないとのことで、この作品は貴重な一本。つい先日、Facebookで長崎の爆心地が隠されているという記述を読んだばかりなのだけれども、隠したくなる真の爆心地、浦上天主堂というのは、世界史における最大の皮肉かもしれない。
加藤剛が演じた主人公の永井博士はクリスチャンで、この映画には、キリスト教を信仰する人たちがたくさん出てくる。キリスト者として、永井隆博士は、原爆投下を「神の摂理」と考えたそうなのだけれども、劇中「裁くことはできない」というのが、印象に残った。
ことの大小はさておき、人を裁きたくてしょうがない人間は、この世にあふれているが、原爆をして裁くことはできないとする精神の気高さは、そう簡単には納得できない。冷静に考えれば裁くことなどできもしないし、復讐に燃えたところで、何も生み出すことはできないのだけれども、困難なテーマだ。

event

 

昨年もお目にかかったのだけれども、今年も坂口光治前市長がいらっしゃった。下にリンクした都政新報のコピーをたくさん持ってきてくださった。
この記事、都丸市長のエピソードからはじまるのだけれども、先日の「非核・平和パネル展」(アスタセンターコート)で、インタビューを受けたことも掲載されていて、「ジャガイモ畑へパンプキン」について、西田昭司さんのお話と、模擬原爆のパネル作りに携わった同市在住に山口あずささんも出てくる。^^v
模擬原爆は、長崎型の原爆、ファットマンを模したもので、ヒロシマ型のリトル・ボーイは模擬原爆は落とされていない。要するに、わが原発で製造されるプルトニウムを用いた爆弾は、ウラン型の爆弾よりも、爆発させることが難しかったのだのだ。

15082301

差別の向こう側

8月14日の台東区民会館でのイベントで、久しぶりに中山武敏先生にお目にかかりました。
このときに、「わたしのことが書かれている本を送ってあげます」と言ってくださったのですが、きょう、その本が届きました。
先生のお母さんをモデルに描かれた絵本で、少年時代の先生も登場します。
発行は、公益社団法人 福岡県人権研究所となっています。
先生ご自身の一文も添えてあって、「私は、中学校卒業後、定時制高校に進学し、働きながら弁護士を志して中央大学夜間部に入学しました。」とありました。
先生がどれほど苦学されたか、じぶんがいかに甘いか、この一文だけで思い知らされました。

IMG_7243

差別の向こう側に、その頂点に、天皇がいることは、理解しているのです。
昨日の勉強会でも、天皇制の話になったのですが(わたしが質問したので)、天皇制、憲法1条について、ちゃんと話すべき次期が来ているのかもしれません。
今年のNHKのTVの戦争関連の特集では、昭和天皇が、戦争の早期終結に反対したという事実が繰り返し語られ、とても印象的でした。
昨日の中村孝文先生の講義では、国際的には、ヒトラー、ムッソリーニ、ヒロヒトなのだと習いました。ヒロヒト!
天皇家と宗教の関係がめんどうなのだとも。

わたしは、民主主義と親和的である限りにおいて、象徴天皇制に賛成という立場です。
そうでなくなるのであれば、反対しますし、当然、天皇元首などごめんです。
象徴天皇制は9条に匹敵する発明のように思っています。
現代において、天皇をどう考えるのべきなのかを提示する思想家がいないのかもしれません。

 

憲法9条と日の丸

もう寝ようと思ったのだが、文章を書きたくなった。
7月の終わりに下記のデザインを、バッジの制作会社に送って、2週間経って、バッジができあがった。
発作的に作ったバッジである。
このコンセプト自体は9.11のときに思い付いた。
いわゆるミギの人たちは、9条が嫌いで、いわゆるヒダリの人たちは、日の丸が嫌いだ。
わたしは9条が大好きだけれども、日の丸については、さしたる感想はない。
白地に赤い丸。それ以上でも以下でもなく、旗に向かって敬礼したいとまでは思わないが、引き摺り下ろしたいとまでは、ぜんぜん思わない。別にどうでもいいのである。
別にどうでもいいが、君が代を何が何でも歌えとか、その手の強制に情熱を燃やす人を見ると反発したくなる。放っておいてあげろと思う。
なので、日の丸、君が代の強制には反対である。
しかし、別にじぶんが絶対に君が代を歌わないと決めているわけではない。
それとこれとは関係がない。わたしがどうという話ではなく、強制するなというのがわたしの主張だ。
わたしの感覚的には、この、まぁいいかげんといえばいいかげんなデザインの、丸付き数字になった日の丸が、なんとも好ましいのだ。
9条だし、日の丸に反対でも賛成でもないし。

article9

 

※このバッジはヤフオクで定額¥300で販売しています。送料無料です。

 

これを見て、激怒する人がいるだろうなと想像していたのだが、本当にいたので、なんというか、あ、本当にいるんだ!と、少しびっくりした。(思った通りではあるのだけれども)

ミギとかヒダリとか、要するに絶対的な基準ではなく、相対的な基準なので、どこから見るかによるのだが、(みな、じぶんは中庸だと誤解していたりもするが)、このデザイン、リトマス試験紙みたいなものなのだ。

右翼の宣伝カーのうざいことといったら極まりないが、左翼の糾弾好きも、うざい。

わたしが都議選に出たときに、生活の党の公認を貰ったのだが、純粋(?)左翼は生活の党が嫌いなようで、文句を言われた。
わたしが代表をしている某会の代表を辞めろと、その人は言い出した。
わたしが代表をしている会のことなど、世間的には誰も知らない小さな団体なので、その代表を辞めようが辞めまいが、どうでもよさそうなものなのに、その人は、わたしに対して「わがまま」という言葉をつかった。幸い、わたしに会の代表を辞めさせることに情熱を燃やしたのは、1名だったので、その方の方が会を抜けることになった。

今度は、別の人が、日の丸に9をあしらうなど「わがまま」だと言っている。
わけがわからないのだが、面白い現象だ。(このブログの記述もきっと見つけて、また、元気に激怒してくれることを期待している。)って、喧嘩売ってるみたいだけども。

偶像崇拝も偶像崇拝禁止もコインの裏表で、極端になるとどちらも有害だ。

 

真夏の便座シート

真夏である。
暑くて暑くてしょうがない。
ところで、便座シート。
保温してあるっ!
なぜだ!
省エネしろ!
ふざけるな!
トイレでより一層汗をかくなんて。。。

この間は有楽町のビックカメラで、保温してあった。
文章にしようかと思ったけれど、上品なあたしが、便座について語るのもなんだしと思っている間に忘れてしまった。

きょうは、西武新宿駅!
ちょうどいいタイミングでお掃除の方がいらしたので、真夏にまで保温にするのですか?と言ってみた。
「そうですよね!気持ち悪いですよね!わたしもそう思ってたんです!伝えておきます!」
おおおお!同志!
お客様の声を待っていたのですね!
言ってよかった。

去年も、保温便座に悩まされた。
毎日通っていた場所で、いつまでもいつまでもいつまでも、便座が保温してあった。

事務にクレームをつけても一向に改善されなかった。
企業体質に問題ありと思っていて、ある日、お掃除の方に出くわした。
あくる日、保温便座はスイッチオフになっていた。
蛇の道は蛇、保温便座はお掃除担当者!
ありがとうございます!

川内原発再稼働

この国はふざけているのか?
国力を上げて、再生可能エネルギーを推進すべきときに、原発の再稼働。
しかも、11日は、東日本大震災で亡くなった方たちの、月命日だ。
わたしは、3.11を経験した後、脱原発は当然のことと考えて、脱原発の運動に飲み込まれた。

原発がなくても、電気は足りなくなることなないということもわかった。
原発は、動き出して安定するまでに時間がかかる。したがって、簡単に発電できるなんらかのバックアップ電源がどこの原発にもあるのだ。
3.11の後に、電気が足りなくなったのは、バックアップ電源までもが壊れてしまったからだった。
しばらくすると、電力共有は持ち直した。バックアップ電源の方は、修復が容易なのだ。
確かに化石燃料を使わなければならないが、当面は化石燃料を使いつつ電力供給を行い、再生可能エネルギーの普及に注力する。なぜ、当たり前のことができないのか。
実は、当たり前が当たり前でないのには、理由がある。

プルトニウムだ。

広島に落とされた原爆はウランで、長崎に落とされた原爆がプルトニウム。
プルトニウムが本番だった。
わたしの住んでいる西東京市には、模擬原爆が落とされているが、これは長崎に落とされたファットマンがうまく爆発するように、また、パイロットが被曝せずに生還できるようにするための訓練だった。ウラン型の爆弾は、模擬原爆はつくられていない。
4.5トンの重さを持つ模擬原爆は、中島飛行機(武蔵野市)を狙い、実際には、柳沢(西東京市)に落ちた。
日本本土、49か所に模擬原爆が落とされた。

日本は普通の国ではない。原爆が2回も落ちた。しかも、福島の事故。

普通の国に等なりようがないし、なる必要もない。

原爆が欲しいというのは、国民が受け入れない。が、平和利用のための原子力発電を謳い、原発を稼働させれば、プルトニウムが手に入った。
これが、原発の正体。
ようするに、原爆のルサンチマンなのだ。

いつか憲法9条を改正し、戦争ができる一人前の国になる!そういう風に考えることを健全と信じている人たちがいる。
なぜ、このような発想に安住できるのか、わたしには理解不能だ。
地球がたくさんあって、ダメになったら、他の地球に住めばいいと考えているのだろうか?
どこかの国が戦争で勝利するということを目指し続けていると、人類自体が滅亡するという発想はSFではない。
第二次世界大戦で日本は死の淵を覗いた。
それほど遠い昔の話ではない。

原発を再稼働することと、集団的自衛権は無縁ではない。
集団的自衛権を有効ならしめるため、いつか9条をなくして、戦争を国際紛争の解決の手段の選択肢として持つためには、プルトニウムを持っていなければならない。
もんじゅの見果てぬ夢は悪夢なのに、夢見続けなければならない理由だ。

どうすればいいのか?

政府を取り換えればいいはずだ。その政府は、日本政府だけではないかもしれないけれども。

靖国神社のみたままつり

靖国みたままつり、露店が消えた 若者らトラブル急増:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASH7D5630H7DUTIL00N.html

だそうである。
新卒で務めた会社が市ヶ谷にあった。靖国神社に歩いて行ける場所だった。広告映像の制作会社だったので、スタッフも若く、会社の仲間と、みたままつりに行った。
露店がたくさん出ていて、金を鳴らしながら「見なきゃ損だよ!」と、本当に損をしてしまうような気持ちにさせる見事な演出で、わたしは会社仲間とともに、ある見世物小屋に入っていった。
河童の展示や、ろくろ首の展示は、子供だましだった。
幼い頃から生ものしか食べない山口百恵のような女性と宣伝文句にあった女性は、太った中年のおばさんだった。
そのおばさんは、観客の前に立つと、軍鶏をわしづかみにして、その首を自分の口で、食いちぎったのだった。
あまりのことに唖然とし、おばさんが山口百恵に似ても似つかないことなど、どこかに吹き飛んでしまった。
頭が取れた状態の軍鶏の首がくねくねと動いていた。
一緒に見た仲間は、しばらくその話題でもちきりだった。
おばさんは、普段はどんな暮らしをしているのだろう?
ものすごくリッチだったりして?
究極の選択で、おばさんの職業に就くのはどお?
広告畑に集まってくる人間は、みなそれなりに個性的で、ユニークな発想をする。
おばさんの職業はどう考えても究極の選択だった。
第一、わたしたちは、しばらくの間、鶏肉が食べられなくなった。

靖国神社には子供の頃にも母に連れられて行ったことがある。
思想的にあれこれ問題のある場所だと知ったのは、高校生くらいだったろうか。
みたままつりに関しては、靖国のあれこれ難しい問題よりも、おばさんの究極の職業の方が気になった。
今考えると、おばさんは知恵おくれだったかもしれない。(差別発言と思われるかもしれませんが。)他に選択の余地があれば、あるいは、同じくらい稼げる何かほかの職業があればと言った方がいいか、年に数回だったかもしれないが、鳥の首を食いちぎる見世物を生業とはしなかったように思う。

靖国神社。去年の夏にも足を踏み入れた。遊就館で映画も見た。混んでいることに驚いた。気の毒な理由で戦争をはじめてしまった日本の姿を切々を解説する映画に、不賛同ながらも、ある種の切実な何かを感じもした。

靖国神社、A級戦犯が祀られている。

このせいで、この神社はねじれている。
天皇がお参りをしなくなった神社なのだ。「天皇陛下万歳、靖国で会おう!」というのが、よかったのか悪かったのかはさておき、靖国神社に天皇がお参りしないというのは、その物語に殉じた人たちにとって、気の毒なことのように思う。
が、天皇がA級戦犯を許すはずがないのだ。
なぜなら、A級戦犯こそが、天皇の戦争責任を代わりに背負った(はず)だったからだ。
どこで何をどう間違ったのか?子孫は気でも違ったのか?
A級戦犯が罪を背負うのを辞めるくらい逆賊なことはないだろう。

かくして、靖国神社は、靖まらない神社となった。