辺野古に行ってきました その1「沖縄県庁の巻」

7月6日に、Facebookのタイムラインにえみむめもちゃんの書き込みが流れてきて、エアーチケットが安く買えるという。ベッドの中で、iPhoneをいじって、10月1日出発、3日に帰る便を予約してしまった。10月にどのような経済状態でいるのかわからず、どのような仕事をしているのかも不明で、沖縄行きのチケットはキャンセルすることになる可能性も大だった。
が、わたしの運命は、大きく振り子があっちへこっちへと揺れ動いていて、沖縄行きはGoサインが出たのだった。

チケットを印刷したのも前日なら、ホテルを予約したのも前日の0時を過ぎてからだった。
民宿みたいなところがいいのではとある方からアドバイスを受けて、民宿に電話してみた。
辺野古に行きたいのだがと電話口で言うと、座り込みに行くのですかと聞かれたので、ちょっとびびって、いや座り込みというほどのことでもなくてと言葉を濁すと、島ぐるみ会議のバスは座り込みの人しか乗れないので、観光なら別の交通機関を紹介すると冷たく言われ、ちと反省した。経産省前テントに最初に行ったときのことを思い出した。
「座り込み」をじぶんがするというイメージが、今ひとつ、できていなかった。
けっきょく、民宿は空きがないとのことで、宿泊を断られた。
ネットであれこれ検索して、都ホテルを予約した。それなりのクラスのホテルでありながら、一泊1万円以下で泊まれたのだ。
辺野古に赴く活動家的には少々贅沢だったかもしれないが。

朝ベッドの中から予約したエアーチケットは、成田発だった。羽根田発ではなく、成田発であることも、あとから気づくような有様で、となると、成田までのお金が余計にかかるかと思っていたら、東京駅から1000円で行けるバスがあると教えて貰った。時代は活動家に風が吹いているような気がした。

がらがらとスーツケースを引き摺りながら八重洲のバス停にたどりついた。余裕を持ってでかけたつもりだったが、ぎりぎりだった。
機内手荷物のみで預ける荷物はなかったが、荷物チェックのところでとまどった。スーツケースの中に缶バッジ(「アベ政治を許さない」の缶バッジ)がたくさん入っていたので、金属の塊として反応してしまったのだ。ハイカットのスニーカーも一度脱いでくれと言われ、水筒の中の液体(麦茶)も臭いを嗅いでもいいですか?と聞かれた。はい、麦茶ですけども。。。
第一関門突破と言ったら大げさだけれども、飛行機に無事に乗り込まないことには、沖縄に行けないので、無事に乗ったときには、ほっとした。

初日はことさらに予定もなかったので、せっかく来たのだから県庁に立ち寄って、首里城にでも行ってみようかと思っていたところ、国会前のデモ会場で知り合って、帰りに一緒にビールを飲んだ女性(那覇在住)から、沖縄に来ているのなら会わないかとのお誘いがあった。
有難い話だった。

県庁には、翁長知事目的で行った。と言っても、会えると思っていたわけではない。わたしは宇都宮健児さんと翁長知事の対談ができればいいと考えていて、6月くらいに一度、電話で問い合わせていた。スケジュールがめいっぱいにつまっていて、予定を立てても二転三転してしまうので、今は無理だとの話だった。
ネット上のタイムラインを流れてくるニュースを見ても、翁長知事が、暇になったとは思えず、東京でイベントというのは難しそうだと思いつつ、せっかく来たのだから、職員の方に会うくらいのことをしようと思っていたのだ。ついでに、缶バッジを4色、プレゼントしようと思っていた。

IMG_7609 IMG_7607

受付で、じぶんの用事らしきことをかいつまんで述べたところ、辺野古担当の職員さんが対応してくださるとのことで、ロビーで待つことになった。
職員さんは2人でロビーに降りてきてくれて、じぶんが勝手に考えていることを提案してみた。
本当は東京でイベントがしたいのだけれども、もし、宇都宮健児さんと一緒に県庁をお尋ねしたら、タイミングがよければ翁長知事に会えるでしょうか?(←まだ妄想段階です。。。)
タイミングがよければという消極的というか、遠慮がちな提案なので、拒否される要素もなく、フレンドリーに対応していただいた。
最後に缶バッジを翁長知事にとお預けした。
「わたしたちはできないですね。公務員なので。」と、冗談めかして職員さんが言った。「知事も特別職の公務員なので」、と言うので、まぁ、ネタにどうぞ、と言うと、ありがとうございますと、受け取ってくれた。

つづく

ホームレスの未来意識を取り戻すプロジェクト

「ホームレスの未来意識を取り戻すプロジェクト」というのをしてみたくなった。
ほんとうは、ある団体でしようと思ったのだが、メンバー全員の賛同が得られなかった。
市民活動は多数決で強行採決というわけにはいかないので、団体としての活動にするのはあきらめた。

やってみたいことは単純だった。
ホームレスに宝くじを1枚ずつ配るのだ。
そして、もしその宝くじが100万円以上当たったら、1割を振り込んで貰う。

まぁ、宝くじはそう簡単には当たらないだろう。けれども、当選の日まで、当たるかもしれないと思うことができる。そうすれば、未来を楽しみにする気持ちを取り戻せるのではないか。
明日が楽しみになることを、ホームレスは忘れてしまっているのじゃないか。

ちょうど、1枚100円で買える東京都の宝くじが発売になった。1万円で100枚買える。
じぶんのために、1万円分の宝くじを買おうとは思わないが、このプロジェクトを一度、やってみたいという妄想に憑りつかれていて、この妄想は、繰り返しわたしの頭の中に現れては消えていた。
そして、きょう、ついに1万円分の宝くじを買った。

一応、個人事業主としてやろうと思ったので、領収書をくださいと言うと、銀行の窓口で貰ってくれと言われた。業として成り立つわけがないが。^^;;

IMG_7400

宝くじには1枚1枚、チラシをつけた。A4の用紙を半分に切って、A5にして、ホチキスで止めた。

20150909

宝くじを1枚プレゼントします。
もし、100万円以上のお金が当たったときは、下記に、1割を振り込んでください。
100万円未満の当選金、及び、100万円以上の当選金の9割は、ご自由にお使いください。
幸運をお祈りしています!
*************************************
振込先 xxxxxx
*************************************
Get it!
http://get-it.jp/
主催 山口あずさ

たまたま友人と駅で待ち合わせをしていたので、付き合って貰うことにして、新宿に行ってきた。
その待ち合わせの時間までに、30枚しかできあがらなかったので、30枚だけ持って行った。
17時前に新宿に着いて、新宿駅周辺を歩いてみた。
まだ日が暮れていなかったこともあって、いざ探してみるとホームレスはなかなか見つからなかった。
それでも、約3時間ほどで、26枚、配った。
元気そうなホームレスの方は素直に喜んでくださった。
当たったら家買おう!と言ったり、若いホームレスはやつれた顔をして、ありがとうと言った。
身体を丸めて寝ていたホームレスは無言だった。ただ、何ごとが起こったのかと、チラシには目を通してくれた。
わたしは炊き出しなどのボランティアをしたことがない。
ホームレスの傍に寄ったことがなかったので、臭いも知らなかった。
お嬢さん(おばさんだけど)の気まぐれと言われればその通りだ。
偽善と言われれば、確かに偽善だろう。
持参した30枚は配り終えることができなかった。
強い疲労感に襲われて帰ってきた。
あと、74枚ある。。。。
夜遅くなると、アルタのところなどは驚くほどたくさんのホームレスがいる。
きょうは時間が早かったからいなかったけれども。
もっとも、昼間から横になっているホームレスの方が重傷だろう。
この宝くじ、10枚に1枚は、確実に100円が当たるだろうけれども、それ以上の当選がでるかどうか。。。。
わたし自身はたいしたくじ運を持っていない。
神様が気まぐれを起こせば、1等賞金、2500万円が一人のホームレスに当たるかもしれない。
もし、2500万円が当たったら、ホームレスににこにこ近づいてくる人がいるだろう。
お金が当たって幸せになれるかどうかわからないけれども、お金が当たると想像すれば、抽選日(9月29日)まで、ちょっぴり楽しむことができるだろう。100人に渡せれば100人の人が、ちょっとだけ楽しい気持ちになれる。

ホームレスに宝くじをプレゼントするのが流行るといいな。

日の丸9条の会

わたしのアイデアが採用されました!
超うれしい!!
日の丸に9のデザイン(デザインというより単なるアイデアですが)を気に入ってくださって、会のロゴにしてくださいました。(うれし泣き。。。)
賛否両論というより、バッシングの方が強かったので、ほとんどいじけていたのですが、気持ちがぱっと明るくなりました。
日の丸をぜひ、右翼から取り戻しましょう。九の丸だけど。
まじめに国旗みたいな旗つくろうかな。官邸前で振るの。めざせゲシュタルト崩壊!!

http://sky.ap.teacup.com/takitaro/1894.html

*****
「日の丸9条の会」の設立趣旨・要綱

日章旗は、過去「日本帝国」の旗頭として使われ、未だその侵略戦争の傷は癒えていない。しかし、これ自体にはなんら罪はなく、デザインも大変に優れており、もとより日本国の象徴として定着している。
ここに、これに愛着をもち「九条も立憲主義もこわすな」と下記の点で賛同する者の緩やかな集まり「日の丸9条の会」を設立する。

1-憲法が権力者を縛るための最高規範であることを認識し、今次の安倍政権の解釈改憲を認めない。
2―日章旗に愛着心をもつことを誇りをもって宣言する。
3―国旗・国歌の使用・不使用につき、誰に対するいかなる強制も嫌がらせも許さない。
4―専守防衛を明確にするための改憲でない限り、日本国憲法9条等の改憲を許さない。
5―侵略のための軍備は許さず、日本の核武装もその計画研究も認めず、非核三原則を堅持させる。
6―アメリカ合衆国を含めどの国の属国化していくことを認めない。
7ー啓発・運動にはもとより非暴力の手法のみを使い、他団体とも随時、共同で行動する。
8ー添付の画像を旗頭とする。
平成27年9月9日
*****

菅元首相「原発再稼働について」

昨日、小金井市商工会館で、菅直人元首相の主催する講演会が開催された。
先日は、地元の元衆議院議員の末松義規さんの主催する講演会が開催されたので、民主党の衆議院議員のみなさんは、解散総選挙を意識しているのかもしれない。(当然、いつでもOKの体制にしておく必要がある。)

わたしは菅さんや鳩山さんや、また、小沢さんに対して「きらい」という世論が出てきたことに気味の悪さを感じている。麻生さんや、安倍さんにたいして「アホ」というのは、事実の認定だけれども、民主党の総理大臣に対して、あるいは、野党最大の実力者に対して、「きらい」という操作は、誰かがしたとしか思えない。この3人をアホという人はいない。アホではないからだ。で、わたしは、菅さんも鳩山さんも小沢さんも、嫌いではない。嫌う理由がわたしとしては見当たらない。わたしは、基本的に、テレビをあまり見ない人間だったので、汚染されていないのかもんしれない。このところ、以前にくらべるとテレビを見ているが。。。

さて、菅元首相である。わたしは3.11のときの総理大臣としての菅さんに対して、世間は不当な評価をしていると考えている。
日本的なリーダーは、現場で一緒に!が基本のはずだ。それを、現場に行って邪魔をしたという言説はおかしい。行かなければ、無責任だぁあああと、もっと簡単な批判が成り立つだろうが、菅さんは現場に赴いた勇気ある総理だったので、それは成り立たず、来たのが邪魔だったという話になっている。行かなかった場合に、誰かが褒めたなどということはあり得ない。
評価そのものが、政争の道具なので、時間が経たないといろんなことが見えてこないが、わたしは3.11の時の菅さんの行動は、ヒーローの名に値すると考えている。
一歩間違えれば、西東京市向台町も住めなくなっていた。これは、おとぎ話ではない。

3.11のあと、浜岡原発の停止と刺し違えるようにして総理大臣を辞任した菅さんは、世界各地の反原発運動の市民グループから招待を受けるようになったそうで、そのうち、3つの原発が止まったそうである。
1つめは米カリフォルニア州の、サンオノフレ原発。(廃炉決定。約1兆円の損害賠償請求が三菱重工業に対してなされている)
2つめは韓国釜山の古里原発。(1号機を10年延長しようとしたが廃炉決定)
3つめは台湾の第四原発。(1号機は稼働せず。2号機は建設工事中断。)

菅さんの復権を願っています!

IMG_7389

 

元陸上自衛隊・レンジャー隊員 井筒高雄さん講演

昨日、小金井市商工会館にて、管直人元総理大臣事務所の企画により、

「安保法制で自衛隊と日本はどう変わるのか」〜集団的自衛権と自衛隊の現実〜
元陸上自衛隊・レンジャー隊員 井筒高雄

が、開催された。

井筒さんは、「原発」都民投票の頃からの、仲間で、市議経験者であることから、いろいろとアドバイスを頂くなど、たいへんお世話になった方である。
このところ、すっかり人気者で、あちこちで講演を依頼されたり、文章を依頼されたりしている。
と、本まで出したとのことで、以下がその本である。

※↓クリックするとamazonに飛びます。ぜひ、ご一読を!
61oEIyUdbEL._SX338_BO1,204,203,200_

講演は、元自衛官ならではの視点で、大変興味深く、空想戦争法案がいかに脆弱な危険をはらんでいるかがよくわかった。
全滅と潰滅(かいめつ)と殲滅(せんめつ)の違いなど、素人には知り得ない用語の違いだが、実際の戦場ではリアルな違いがある。
全滅は部隊の3割を失うことで、組織的戦闘はもはや不可能と考える。再編されるまではいないものと考えるとのこと。
潰滅は部隊の5割を失うことで、再編のしようがないので、完全に潰れたと考える。
殲滅は、部隊が消滅すること。。。。
ちがうんですね。。。
第2次世界大戦は全滅で辞めておけばいいのに、潰滅まで戦ってしまったのですね。日本は。。。。
本土決戦してたら、殲滅状態で、ご先祖がみんな死んでしまって、わたしは居なかったということでしょう。
こうして文章に書くと、冗談みたいですが、それを現実として受け止めましょうというのが、安全保障法案ですね。
そうなることを現実として受け止めるということですので、確かに、リアリティがあります。
が、もう一方のリアリティとして、避けうるというのがあります。
いつか来た道をなぞるより、そうでない道を選択する方が、戦争は避けうるに違いないとわたしは考えています。したがって、安保法案は戦争法案と考え、反対しているわけです。

井筒さんと!
IMG_7388

井筒さんのお話のあと、管元総理も「原発再稼働」について、お話しされました。
こちらはもう一本ブログを書きます。

白井聡さん講演

公共哲学を学ぶ会連続講演会~日本の進路を考える~第5回
◇ 白井聡さん(政治学者)をお招きして
「戦後の終わり」~「永続敗戦論」から見る安倍政権と現代日本~

に、参加しました。
面白かったです。
鳩山さんが「県外移設」と言ったことにより、見えない敵が現れたという話から、天皇の代わりに日本の空気をアメリカがつくっている、つまり、アメリカのご機嫌をうかがわなければならない仕組みに骨の髄までなっていることがよくわかりました。
日本の権力構造は、アメリカに尻尾をふることによって成り立っている。
すとんすとんと、納得できるお話しでした。
民主党政権になって、アメリカ支配が和らぐかに思えた瞬間があったのですが、結局、民主党の中に、隠れ自民が潜んでいて、傀儡Aが傀儡Bになっただけという様相を呈し、結局、傀儡Aに戻ってしまった。。。

さて、安保戦争法案。。。安倍晋三氏は健康問題も抱え、法案成立を持って、総理を辞任する可能性があるという。で、野田聖子総理が実現する可能性がある。
となると、安保法案で自民党に愛想を尽かしたものの、野田聖子ならばいいかと結局自民党が選挙に勝つ事になりはしないか。。。。

もし、この秋に衆院が解散になったら。。。。

けっきょく、野党は受け皿をつくれないままに自民を勝たせることになる。
ぐずぐずしている場合じゃないですね。

バッジ「アベ政治を許さない」

バッジを制作した。
ヤフオクに出している。
1個 300円。
各団体の資金稼ぎ用に、50個 1万円というのも出した。
11個 3000円というのも出してみたのだが、1個で出したものが、9個分(ヤフオクでは個数を最大9個とすることができるのだ)、すぐに売れてしまったので、追加で、1個、2個セット、3個セットと出してみた。
とりあえずは300個作った。送料が無料になるので、その数にしたのだ。
黒字に白も作成した。こちらも300個。
すごい勢いで売れているような気もし、それほどでもないような気もする。
バッジができあがるまでに、数日かかるので、売れるという感触がつかめたら、追加発注しないとならない。
デモの現場や、戦争法案関連のイベント会場だと、かなり売れそうな気がする。バッチ売りの少女(少年も可・年齢問わず)を希望する方がいたら、このブログにコメントをつけるなどして、直接連絡してください。

abe_white01

私が東京を変える 声明

わたしが代表を務めている「私が東京を変える」で声明を出しました。
みなで相談していたら、2本になってしまいました。
実は、役員のみなさんが最初に書かれたものがよくできてはいたのですが、時事っぽかったので、わたしがもっと理念よりにしたいと異議申し立てをしたのです。
で、別途書いたところ、どちらも捨てがたいとの話になり、結果として、総論と各論の2つを出すことになりました。
かなりの力作なので、ごらんくださいませ。


総論として

「私が東京を変える」は安全保障関連法案の廃案を求めます。

日本は憲法九条を持つ国です。憲法九条の理念は日本国内で完結するものではなく、あまねく世界に発信され、その理想は世界中の市民から共感を得ています。

国際社会において、紛争が絶えないこと、戦争が止むことがないことが現実であるとして、現実に理想を合わせることを政府は望んでいるように思われます。

戦争と言う最悪の選択を避けるため、安倍政権の主張する「抑止力」という選択肢を選ぶのか、それとも、過去の経験を踏まえて、九条の理想を国是とするのか、今、その判断を迫られています。

安倍政権の提出している法案は、「抑止力」という一見理性的な言葉を用いながら、日本がアメリカと一緒に世界中で戦争をするための法案であり、まさに戦争法案と言うのがふさわしいものです。

恐らく、安倍政権にとっては、アメリカにすべて習うこと、従うことが、わたしたち日本が取りうる唯一の選択肢なのでしょう。戦後レジームの脱却という主張とは裏腹に、まさに、敗戦時のままに、安倍政権は、アメリカの時の政権の言いなりになる以外の選択肢を持っていません。安倍政権の交渉力のなさのつけを、集団的自衛権を認めるという形で、国民が背負い、九条を持つ国であるが故の、国際社会からの共感と尊敬を失い、紛争地で日々努力しているNGO職員を危険にさらし、自衛隊員の命をそまつに扱おうとしています。

しかも、この解釈改憲は、当初九十六条を変えようとしていたことからも明らかなように、立憲主義の根底を覆す野蛮な手法で行われようとしており、法的安定性を損なうものです。

言うまでもないことですが、憲法は言葉で書かれています。この一つ一つの文言を、わたしたち国民が尊敬を持って、大切に扱わないとしたら、憲法はどうなってしまうのか。わたしたちは、実質的に憲法を持たない国民となり、主権者としての国民の地位は雲散霧消して、独裁国家となるでしょう。

これはおとぎ話ではなく、ついこの間の日本の姿なのです。七十年前、日本は独裁国家として、破滅の淵に立ちました。

わたしたちの頭上に、2つの原子爆弾が投下されたのです。これは、紛れもなく、アメリカが行った戦争犯罪です。

No more Hiroshima. No more Nagasaki.

広島と長崎は、決して、Rememberとは言いませんでした。もうこりごりだからです。わたしたちの頭上にも、他の国の国民の頭上にも、原子爆弾をさく裂させたいとは思わなかったのです。

わたしたちは言葉の持つ力を、もう一度、信じようと思います。

日本国憲法が輝ける言葉として、わたしたち国民の主権者としての地位を揺るがぬものにし、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないように、ここに、「私が東京を変える」は、集団的自衛権に反対し、安全保障法案の廃案を求めます。

2015年9月4日 市民グループ「私が東京を変える」 役員会


各論として

何故「私が東京を変える」は安全保障関連法案の廃案を求めるのか。

この法案は「日本を守る」を口実にしながら、日本がアメリカと一緒に世界中で戦争をするための法案で、まさに戦争法案と言うのがふさわしいものです。

以下の諸点が問題です。

安全保障関連法案の内容に即して反対する理由をまとめれば、次のようになります。

(1)「武力の行使」と「交戦権」を禁じた憲法第9条に違反する違憲の立法であり、このような違憲の法律を制定することは立憲主義に反し、憲法の平和主義を否定し、日本を戦争する国、法の支配を否定する独裁国家に変えようとするものである。

(2)歴代の内閣や法制局長官が否定してきた集団的自衛権の行使を認めるものであり、法的安定性も無視したものである。

(3)世論調査でも国民の多数がこの法案と今国会での成立に反対し、またデモ等でも反対の声を上げている国民世論を無視している。

(4)日本が攻撃を受けていなくても他国が攻撃を受けて、政府が無定義の「存立危機事態」と判断すれば集団的自衛権による武力行使を可能にする。

(5)米軍等が行う戦争で、世界のどこへでも日本の自衛隊が出て行き、戦闘現場近くで「協力支援活動」(兵站活動)をする。

(6)「存立危機事態」でなくとも平時から国会承認なく米軍等の「武器等防護」のために自衛隊がミサイル迎撃を含む武器使用を認める(集団的自衛権行使の裏口入学)。

「存立危機事態」の事例として安倍首相は、日本人を運ぶ米艦船への攻撃を挙げてきましたが、最近になって中谷防衛大臣は日本人が乗っていなくてもいいと言いだしました。そもそも、米艦船による民間人保護はハリウッド映画のシナリオであるとして米国自身が否定しています。

また、「ホルムズ海峡の機雷除去」のためと何度も述べていましたが、イラン情勢が改善し、参院では口にしなくなってきています。そもそも、ホルムズ海峡が交戦地域になれば機雷を除去しても民間タンカーは通航できず、戦時の機雷除去は必要ありません。立法の根拠が軒並み崩壊しています。

そこで安倍首相が持ち出しているのが中国の脅威ですが、日中は日中平和条約で武力の行使をしないと確認しており、日中の緊密な経済関係、特に空軍力で中国が圧倒的に優位である点などを考慮すれば、日中の武力紛争という事態は考えられません。

さらに、米軍と自衛隊の「同盟調整メカニズム」に「軍軍間の調整所」を設けるとか、法案成立を見越した自衛隊運用計画の自衛隊統幕文書で出てきています。また統幕長がアメリカで法案成立の予定まで明らかにしています。これらは自衛隊による極めて危険な暴走です。法案の違憲性、不合理性、危険性は以上だけからも明らかであり、この間の野党の追及で86回も審議がとまっていることにも象徴されています。

どの世論調査でもこの法案が憲法違反だという意見は5割を超えており、今国会中に成立させるべきでないとする意見は6割を超え、説明が不十分だという意見は8割を超えています。

8月30日の全国大行動は、12万人が集結した国会議事堂周辺をはじめ全国1000カ所以上で取り組まれました。35万人が参加した可能性もあり、60年安保以来の規模になったことは法案反対の世論の大きさと民主主義の前進を示しています。

自民党の中でも地方から異論が出ており、丹羽雄哉元厚相や村上誠一郎元行政改革担当相が全国大行動で示された民意を重く受け止めるべきだという意見を9月1日の総務会で出されています。自民党の小林秀矩広島県議も同日に法案撤回の要望書を衛藤晟一首相補佐官に提出しています。そもそも、村上氏が指摘しているように、選挙で執行部から公認されないことを恐れて法案反対でも意見を表明できない自民党国会議員がいるとされており、法案が自民党内の民意を反映しているかどうかさえ疑問です。

よって 「私が東京を変える」は、違憲性のある安全保障関連法案が参議院ないし衆議院で再度強行採決されようとしていることに強く抗議し、それらの法案の廃案を求めます。

2015年9月 4日 市民グループ「私が東京を変える」 役員会

 http://watashiga.org/