今よみがえる丸山眞男

1月に行った石川健治東京大学法学部教授の講演会(安保法制違憲訴訟全国原告連絡会主催)の講演タイトルが「複初の説」で、このタイトルは丸山眞男先生の有名な論説から、とのことでした。
丸山眞男という名前は存じ上げていたものの、「複初の説」は勉強不足で存じ上げず、読んでみたくなって、「複初の説」が収録されている丸山眞男全集の第8巻だけを買ってみたりもしたのですが、部分的に確認しただけであとは積読になっていました。

〇(参考)1.27憲法を変えるな! ~安保法制違憲訴訟の勝利を目指して

絵本「どうぶつ村のせんきょ」のご縁で、あけび書房とのお付き合いができて、あけび書房から「今よみがえる丸山眞男」というタイトルの本がでていることを知り、読んでみました。

平易な語り口で、丸山眞男先生の考えておられたことに触れることができ、かつ、現代社会の抱えている問題についても、この切り口が役立つことが伝わってくると同時に、2022年2月に始まったロシアとウクライナの戦争で、時間の流れが断絶したような印象を持っていたことが、間違いだったことにも気づかされました。
この本の後付けにある発行日は、2021年12月8日で、戦争より前なのですが、この書物が、今起きている戦争、そしてこの戦争に対するさまざまな言説にも通用することに、この戦争が突然起きたわけではなく、伏線は幾重にも張り巡らされいたということに改めて気づかされました。

また、この書物をきっかけに、この本もあの本も読んでみたいという気持ちにさせられました。日本書紀、古事記、マックスウェーバーなどなど、丸山眞男先生の著作もきちんと読んでみたいです。

そして、この書物で気づかされたことのもう一つは、ニヒリズムに関する自分の考えが、いつの間にか、180度変わったということです。若いころは少しカッコイイような気がしていたニヒリズムですが、市民活動家を自任せざるを得なくなってからは、ニヒリズムを素敵とも知的とも思わなくなってしまいました。

わたしは本を読むときは、線を引きながら読むのが常で、その箇所を一部、ご紹介します。

「悪法が通った、盛んに反対したけれども結局通っちゃった、通っちゃったら終わりであるという考えか。これは終わりじゃないんです」=略=「反対する力が強ければ強いほど、その方が成立する過程において抵抗が強ければ強いほど、できた法の運用をする当局者は慎重にならざるをえない」=略=とんでもないことが起きないのは、その法律がいいからではないのです。最後まで抵抗する力が一定の力を持ち、そのことが運用の段階でストッパーになっているからなのです。p.170-171

そして、この書物の末尾には、無視することができない警告がかかれていました。

デモクラシーを大衆の勃興とうまく馴染ませることができる材料は出てきていません。p.209

わたし自身、大衆の一人にすぎませんが、パラダイムを内側から食い破るというのは、わたし自身の永遠のテーマです。

 

変えよう選挙制度の会・5月例会「西東京市での選挙争訟と市民活動」

今回のテーマは「西東京市での選挙争訟と市民活動」ですが、この問題を受けて、『どうぶつ村のせんきょ』という絵本が4月30日に出版されました。

『asacoco』という東京・多摩版の情報紙の3頁めに「どうぶつ村のせんきょ」の記事が掲載されました。

http://asacoco.jp/wp-content/uploads/2022/04/2022_0421_231_01.pdf

【要申込】変えよう選挙制度の会・5月例会「西東京市での選挙争訟と市民活動」(報告者:山口あずさ氏)(会場&オンライン)

日時:5月12日(木)18:30~20:30
※通常と異なり今回は木曜日の開催です。

会場:東京ボランティア・市民活動センター 会議室B
(JR飯田橋駅隣、飯田橋セントラルプラザ10階)
アクセス https://www.tvac.or.jp/tvac/access.html
※オンライン(ZOOM)併用で開催します。

テーマ「西東京市での選挙争訟と市民活動」

報告:山口あずさ氏
西東京市長選挙・異議申し立ての会 総代
https://democracy.jp/senkyo/

(以下は、山口あずさ氏からのメッセージ)

行っている運動の簡単な趣旨:

令和3年2月7日執行の西東京市長選挙で、野党統一候補に対するネガキャンビラが配布されたことから、選挙管理委員会に異議の申出をしました。
西東京市選挙管理委員会、東京都選挙管理委員会、東京高等裁判所、最高裁判所と進んだ裁判の状況と、地元警察への告発が受理されるまでの顛末、これと並行してクラウドファンディングにより絵本を作成するなど、硬軟とりまぜた活動を行っています。

概要報告後、みなさまと意見交換をします。

参加費:500円(資料代) Zoom参加は無料

<会場参加申込>(コロナ対策のため定員15名)

下記アドレス宛にメールでお申し込みください。
think.elesys@gmail.com

申込締切:5月11日(水)17時

<オンライン(zoom)参加申込>

下記申込フォームよりお申込みください。
https://forms.gle/PKxART9AZWcLezyt9

申込締切:5月12日(木)開催日当日まで可能(ZOOMアドレスを自動返信)

主催:変えよう選挙制度の会

子ども食堂

西武柳沢キリスト教会で毎月第二日曜日に行っている子ども食堂の手伝いに久しぶりに参加しました。
前に参加したときはコロナ前で、建物も新しくなる前でしたが、初めて来たお母さんが、リュックをしたままで食事をしていたので、荷物を下ろしたら、と声を掛けたのを覚えています。
子どもの食事がただになるのもさることながら、お子さんが3人いて、他の人の作った食事でほっとできるのは大事だろうなと思いました。

わたしは、お弁当になってからは初めての参加で、100食超えたら対応できないかもと心配の声を聞きつつ、100食提供してさらに追加で計110食、提供したとのことでした。
40数合のお米を炊いたそうで、お弁当を作っておられた方たちは大忙しだったと思います。
わたしは子どものお菓子の袋詰めを手伝いました。
また、手伝いに行こうと思います。

憲法集会

東京臨海広域防災公園での憲法集会に参加してきました。
2019年までは、憲法屋としてグッズ販売をしていました。
ブースを借りるとその周辺でチラシを配布できるので、安保法制違憲訴訟の会の原告仲間がチラシを撒いたり、代々木公園での年2回の「さようなら原発」の集会と、ブースを出すと言うのを年3回していたのですが、2年間、コロナで開催されませんでした。
この4月には「さようなら原発」の集会も亀戸中央公園で開催されたのですが、こちらは地元街宣の予定と重なり、参加できず、5月3日の集会も、ブースをだすと言う情報がなかったので、あきらめていたところ、あけび書房が出店するとのことで、「どうぶつ村のせんきょ」の販売をお手伝いするという名目で、憲法屋のグッズも持参しました。
わたしが持参したのは、「どうぶつ村のせんきょ」のアクリルバッジと絵葉書、丸木美術館とコラボした「原爆の図」の缶バッジとマグネット、「チェ・ゲバラ」関連グッズ、「護憲」の書の缶バッジでした。
ブースに「市民と野党の共闘」の執筆者のお一人でもある児玉弁護士がいらっしゃって、しばらく一緒に店番をしました。

下の写真は、久しぶりに再会した田中正道さんと。

下記、絶賛発売中です!画面をクリックするとあけび書房のサイトに飛びます。

  

ポニー

ポニー

ぼくは ポニー
ウラジミールのともだち
いっしょに おきて
いっしょに パンたべて
いっしょに おにわで あそぶ

ウラジミールが おかあさんに
だっこされるときは ぼくはウラジミールに だっこされる
おばあちゃんに あいに
いくときは ぼくも いっしょに あいにいく
おじいちゃんが えいがに つれていってくれたときも いつも いっしょ

おとううさんが ウラジミールをかたぐるましたときに
ウラジミールは ぼくを
かたぐるましようとして
ぼくは じめんに おっこちた
ウラジミールは ないたけど
ぼくはだいじょうぶ
いたくないよ

あるとき おおきな サイレンがなって そらから おおきな
ばくだんがおちてきて
ウラジミールは ふるえてた
ぼくも いっしょに ふるえてた
まっくらなよる ウラジミールも ぼくも まっくろに とけだしていくみたい
ウラジミールの なみだが
ぼくをぬらして ぼくは
しめっぽくなった

おとうさんが いなくなって
おかあさんは ウラジミールの
てをひいて どこかににげるって
ぼくは ウラジミールの
バッグのなかで ゆらゆらゆれた

サイレンがなって
ウラジミールは ぼくを
つよくだきしめた

ばくだんが おおきな
おとをたてて ばくはつしたんだ
ウラジミールの あかいなみだで
ぼくは びしょびしょになった

『堕落論』坂口安吾

坂口安吾「堕落論」が青空文庫にあります。
戦後、人気があったそうです。
https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42620_21407.html

諸先輩方に話をふっても、ご存じない方も多いので、備忘も兼ねて、リンクを残しておきます。
このタイトルで文庫も出ていますが、他のエッセーも収録しているもので、堕落論自体はごく短いものです。
ご一読を。

憲法13条のうた

先週の土曜日に、公民館利用者懇談会があり、田無公民館のロッカーを申し込んだので参加しました。そのときに、「あめんぼ青年教室」がボランティア募集ということで紹介されたので、翌日曜日に見学に行きました。

わたしは普段、市民活動で憲法を護ろうという活動をしているわけですが、不意を突かれたというか、「あめんぼ」に参加して、「憲法13条のうた ほかの誰とも」に出会いました。
わたし自身、手話も始めたばかりだったのですが、この歌を手話でも表現しながら、おまつりで発表するのだそうです。
わたしの手話レベルをはるかに超えて、難しく、ボランティア参加というより、教えてもらいに行った感じでした。
雑用くらいならお手伝いできるかなと思って参加したのですが、憲法13条が生き生きと語られる空間との出会いは、わたしにとってはとても重要なことで、参加してよかったです。

早朝ラジオ体操三日坊主クリア

早朝のラジオ体操に参加して4日目になりました。
毎日続けようと決心を固めていたわけでもなく、とくに目覚ましを掛けているわけではないのですが不思議と目が覚め、目が覚めたから行こうという感じで、4日目を迎えました。
金曜日の夜がかなり披露気味で、かつ夜中まで起きていたので、明日は辞めておこうと思って寝たのですが、なぜかちゃんと目が覚めてしまい、参加したのです。
身体にいいというのを身体が感じているのでしょうか。
太極拳はゆっくりとした動きで、ラジオ体操第一と第二、そして中国体操と続くのですが、わが家が契約しているアルソックから届く冊子に、護身術の記載があり、まず手で払ってというのが出てくるので、中国体操は護身術の要素が入っているような気がします。
日本のラジオ体操は、何か気恥ずかしい感じをずっと抱いていたのですが、又を開いてというスタイルがどうにも抵抗があったことを思い出しました。
なので、足をそろえて平行に曲げるのが基本のヨガには、一時期すっかりはまってましたし、抵抗なく取り組めた理由の一つだと思います。太極拳も中国体操も同じ理由で、抵抗なく入っていける印象です。
なぜ、日本のラジオ体操はへんに足を♢の形にするのか、わたしはこれがなければと思うのですが、公園のすがすがしさと比較して、公園の勝ちではあります。