12月11日18:30『市議会で行動する』コール田無多目的ホール

選挙の半年前になると、議員のポスターは貼れませんというお達しが市報に掲載され、それを皮切りに、いわゆる2連ポスターが街中で貼られるようになります。
単独のポスターは選挙活動になるのでNG。が、政治活動として、例えば演説会の開催のお知らせであればOKで、その場合は、各弁士とイベント情報が同じ面積でなければならないというルールがあります。
わたしは大人が吐いている嘘だと考えていますが、わたしもこの奇妙なルールに乗ることにしてポスターをつくりました。
当初、森てるおさんの引退を受けて、森さんと二人で作ろうと考えていたのですが、選管に確認したところ、現職は候補者とみなすと言うきまりだそうで、森さんとの二連はNGと言われてしまいました。そこで、山田真先生(小児科医)にお願いして、ポスターは3人で作りました。そしてそこに載せるイベントについては、コール田無、多目的ホールで行うことにしました。
他の人のポスターも見ていただけると、このイベントは駅頭での演説会となっていたりして、このイベントをきちんとするのは希だと思います。ここも不思議なところです。
さて、今回のイベントには、スペシャルゲストをお迎えします。
昨年2月に行われた西東京市長選挙で、立候補してくださった平井竜一さんです。
下記は、ポスターのデザインに合わせて、平井さんに登場していただきました。

イベント終了後、動画を公開する予定です。このページで公開しますので、当日参加できない方は、このページにアクセスしてください。

 

田無警察に行ってきました

11月には何らかの結論がでるはずだったのですが、市議の名前も出ているので、霞ヶ関の警視庁捜査二課(選挙事件担当)との兼ね合いもあり、選挙が近いので捜査がストップしているとのことです。
選挙に影響がでるからとのことですが、これは本末転倒で、選挙前に当然有権者が知っておく必要のある情報なのではないでしょうか。
仕方がないので、現時点で、わたしが知り得た情報をお伝えします。

下記は、ネット上に公開されている資料ですが、田無警察に届けてきました。
警察は、下記に掲げられている氏名等については、すでに把握していました。
https://www.senkyo.metro.tokyo.lg.jp/uploads/03teiki-a_057.pdf

明日の西東京を創る会の「収支報告書」に出てきたお名前は下記の通りです。

代表者:指田 純(医師)
会計責任者:村野 啓二
事務担当者:平井 勝
寄付者:山田 雄飛(医師)
寄付者:丸山 浩一(前西東京市長)*当時は現職
寄付者:新井 浅浩(会社役員)
寄付者:自由民主党西東京総支部(支部長 遠藤 源太郎)

ちなみに、「明日の西東京を創る会」の役員名簿と組織図は下記の通りです。
都選管から、ほとんどの情報を黒塗りで出されたものです。
取材してくれた記者さんが、これを見て、名前の文字数が3字の人と4字の人と指摘していました。

各種団体も気になりますが、西東京市の自民党の市議会議員の名前には、3字の人はいないようです。下記は西東京市のサイトからコピペしたものです。漢字表記にすれば、4文字の人はたくさんいます。遠藤源太郎氏は5文字ですが、自由民主党西東京総支部支部長として、「明日の西東京を創る会」に80万円を寄付しているので、この団体に深く関与していたのは明らかです。

自由民主党西東京市議団(10名)
幹事長 新規ウインドウで開きます。稲垣 裕二
副幹事長 新規ウインドウで開きます。小林 たつや
新規ウインドウで開きます。遠藤 源太郎
新規ウインドウで開きます。田中 のりあき
新規ウインドウで開きます。保谷 なおみ
新規ウインドウで開きます。酒井 ごう一郎
新規ウインドウで開きます。中川 清志
新規ウインドウで開きます。山田 忠良
会計 新規ウインドウで開きます。冨永 雄二
新規ウインドウで開きます。坂井 かずひこ

わたしが、法定刑100万円以下の罰金とされた違法チラシに内容面で深く関わったと考えているのは下記の方です。
東京高裁の判決では氏名類推事項の記載を罪としたわけですが、そもそも、われわれ市民が問題としたのは、よそ者排除の2号ビラで、これがなければ裁判自体がないわけですので、一連の騒動の根源となったったチラシの着想の原点は、下記のチラシに記載されています。ちなみに、下記に引用された逗子の共産党市議団が発行したチラシは、2号ビラにも引用されています。「共産・左翼に市政を渡」したくないと言いながら、利用できるものは何でもと言う狡猾さにはあきれ果てます。
次回、西東京市議会議員選挙の投票の参考にしていただければと思います。

 

身近な世界を知る講座(谷戸公民館)

毎週木曜日に、谷戸公民館で「これだけは知っておきたい!身近な世界を知る講座」を受講しています。保育付き講座なので、若いお母さんたちも参加しています。
今日は、記録当番でしたので、まとめたものを紹介します。

———————————————————————
2022年度谷戸公民館主催  女性のための講座
講座の記録「これだけは知っておきたい!身近な世界を知る講座」
第8回 11月24日(木) 10時~11時45分  場所(学習室)
講師 後藤絵美

【本日の内容】 映像で学ぶパレスチナ

冒頭「パレスチナはどこ?」と書かれた白地図が示され、各グループで相談しましたが、中東地域の白地図は難題で、埋められませんでした。講義の中で国名が示されなかったところが気になりましたので、ネット検索して、下記の地図を見つけました。

https://www.mod.go.jp/nda/obaradai/boudaitimes/btms200509/tateyama/tateyama200509.htm

次に、下記の外務報道官談話を一読しました。
「イスラエルのエイラートで発生した自爆テロについて」
https://warp.ndl.go.jp/collections/info:ndljp/pid/11525605/www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/19/dga_0130.html

映像を見る前の予備知識として、松葉祥一(哲学者・フランス哲学)氏の「国家テロリズムあるいはアメリカについて」(現代思想 平成15年3月1日発行)の紹介があり、イスラエルとパレスチナの年表についての解説がありました。

予備知識を得たうえで、「パレスチナ苦悩の100年」(国連広報センター)を観ました。

30分ほどの動画を観た後で、先に読んだ「イスラエルのエイラートで発生した自爆テロについて」について、印象が変わったかどうかが問われ、グループで話し合いました。

イスラエルとパレスチナがなぜ、仲よくできないのか。
ユダヤ人自身が抑圧された歴史をもちながら、なぜパレスチナに対して同じようなことをするのかという意見が出ました。
同じグループでの話し合いでは、ユダヤ人がユダヤ教ゆえに国家を持たずとも強力なネットワークを保持し続けてきて、パレスチナをイギリスが統治し、イギリスが勝手にユダヤ人にイスラエル国家建設を約束したこと。パレスチナ人にとっては、勝手にじぶんたちの国をイスラエルに分譲させられたわけで、仲よくしようがないことの解説をしました。

次回の宿題として「四歳のパレスチナ」と「存在の耐えられない軽さ」を読んでくることが課されました。

☆記録者の感想☆
パレスチナ問題については、多少の知識がありましたが、知らないことも多く、勉強になりました。松葉祥一氏のテロに関する論文は、たいへん示唆に富んでおり、この講座を受講してよかったと改めて思いました。この論文は「現代思想」平成15年3月に掲載されているのですが、その後、日本でも安保法制が施行され、また、Jアラートなる脅しが、まさに米国で行われてきた「意図的に恐怖を作り出し、増幅させてきた」(P.75 上段L.17)に由来すると思わざるを得ず、「1980年代以降、福祉国家から自由主義国家へと移行するなかで、国家の役割が縮小し、安全保障が最小国家(ミニマル・ステート)の最後の役割となるにしたがって、国家は、自らの存在を維持するために、この役割を維持しようとする。すなわちテロへの恐怖を最大限に保つことによって、それに対する安全保障としての国家テロの必要性を、したがって国家の必要性を維持しようとするのである。」(P.76 上段 後ろからL.2)という指摘に戦慄を覚えました。

令和 4年 第4回定例会(11月21日)一般質問 小峰 和美(無所属)

ネット中継で西東京市議会の一般質問を聴きました。
2つの質問でしたが、主に休日歯科診療に関する記載についての重箱の隅をつつくような質問でした。
これで50分使ってしまうのかと思わずにはいられなかったのですが、答弁する方も、これで50分が消尽されることを歓迎しているのではないかとも思え、行政府に対する立法府からの問いがこれでいいのかと、さすがに疑問に思いました。
要するに、事務報告書の「休日歯科診療」の記載が1カ所となっていたことへのつっこみなのですが、記載についてミスであると認めようとしない行政に対して、実態として複数個所での診療があったのだから、記載はミスであり、ミスをミスと認めないことはいかがなものかという問いの立て方なのです。
わたしだったら、1カ所としていることの理由の方を尋ねたいと思いました。20万人都市である西東京市の休日歯科診療が1カ所で足りるのかということが問題のように思います。
足りるのであれば、実態として複数個所あることは無駄でしょうし、足りないのであれば、歯痛に耐えている西東京市民に対して、我慢しろと言うことなのか。。。。
8年前、議会で一般質問すらしなかった小峰和美市議と坂井かずひこ市議を批判して街頭演説をしていたのですが、街頭演説が多くの人に届くと言うことはないようで、お二人とも、そのときの選挙も、その次の選挙も当選しておられました。

今回、恐らくもっとも若い候補予定者が「議員定数を減らす」と主張しておられるようで、彼にとっての市議像が、まともな質問ができない議員なのかと思うと、さらに暗たんたる気持ちになります。

問いを立てるということは、すなわち考えることなのです。
50分、些末な議論に費やすことを持って、チェック機能を果たしているとは到底言えないと思います。

じっくり視聴するだけの価値があるとも思えませんので、ながらでいいと思いますが、リンクを付けておきますので、どのように感じるか、ぜひこの50分間に及び内容空疎なやりとりを、ご確認いただきたいと思います。

このばかばかしい問いを黙らせるような答弁がないことも、不思議と言えば不思議なのです。


令和 4年 第4回定例会(11月21日)
一般質問
小峰 和美(無所属)

1 休日歯科診療委託事業等について
決算特別委員会において指摘した、令和3年度の事務報告書における「休日歯科診療委託事業」の記載は、正確なものであったのか、改めて事務処理適正化等検討委員会での検討状況も含めて伺う。
2 コロナ禍における教育現場の対応について
新型コロナウイルス感染症の流行が継続しているが、この間、休校をはじめ、給食時の黙食や、学校行事の制限、友達づくり等について、この3年余り続く状況が与える児童生徒への影響をどのように考えているのか。

http://www.kensakusystem.jp/nishitokyo-vod/video/R04/R041121-1.html

平井竜一さんに推薦していただきました!

前逗子市長で、昨年2月に行われた西東京市長選挙の最有力候補であった平井竜一さんに推薦していただきました。
森てるおさんをはじめとする3人の無所属の市議が、平井さんに西東京市長選への立候補をお願いしたのですが、一昨年の秋に平井さんの擁立を準備している段階から、西東京市民連合の協力も必要とのことで、わたしも市長選における野党共闘の実現に向けて働きかける一人となりました。
西東京市の市長選が、おかしなビラが撒かれるような展開になり、平井さんのみならず、逗子市の方たちにもたいへん失礼な話だったと思っています。
西東京はそんなまちじゃないことを証明したい一心で、西東京市長選挙異議申し立ての会の活動を続けました。
森てるおさんの引退を受けて、その後継者として、平井さんからの推薦を頂きました。ありがとうございます。

https://rollienne.jp/recommend/#hirai

 

松本肇さんに推薦していただきました

教育評論家の松本肇さんに推薦していただきました。
100日くらいで理解できる憲法入門」を出版したオクムラ書店の社長でもあります。

松本肇さんからのメッセージ
「地方議会に足りないもの。それは法令をきちんと読める人、解釈できる人、理不尽なものには理路整然と批判できる人、そして日本国憲法に基づいた平和の理念をきちんと理解している人。山口あずささんはその全てを持っています。この人物を、絶対に議会に送り込んでいただきたいです。応援します!」

推薦しますのページを更新しました。

[サイト更新]推薦します

推薦します」のページを作りました。

12月25日に投票日を迎える市議会議員選挙に向けて、引退を表明された西東京市議会議員の森てるおさんの推薦を頂いております。また、市民活動のリーダーのお一人でもある、小児科医(西東京市) 山田真先生には、森さんと一緒にポスターにも登場していただきました。そして、西東京市在住の笙職人の 鈴木治夫さんにもメッセージを頂きました。
さらに、ジャズトランぺッターでもある伊勢崎賢治さんにもメッセージを頂きました。実は、何年か前に、鈴木さんとのジョイントライブ思いついて、お二人の了解を得たのですが、実現できないままになっております。将来的に実現させたいと思います(公約)。
伊勢崎さんに推薦をお願いしたのには、もう一つ、理由があります。ロシア・ウクライナ戦争が勃発したときに、いち早く、伊勢崎さんのインタビューがYouTubeで公開されました。伊勢崎さんのおっしゃる方向でしか、平和は手に入らないと考えております。市政と国政は異なると言われることがありますが、方向性としての平和認識のありようは政治にかかわろうとする者にとっては、たいへん重要と考えましたので、伊勢崎さんに推薦していただけないかとお願いして、快諾いただきました。ありがとうございます。

平和を語る上で、欠かせないのは、飯島滋明名古屋学院大学教授 です。7月の参院選の直前に、3市(西東京、小平、国分寺)でのzoomイベントにご登壇いただきました。押し付け憲法云々ではなく、パリ不戦条約と9条についてのお話をしていただきました。推薦をお願いしたところ、快く引き受けていただきました。

飯島先生とのご縁は、安保法制違憲訴訟を通じてでしたが、同様に、大崎事件弁護団事務局長で、日弁連再審法改正実現本部本部長代行でもある鴨志田祐美弁護士とも安保法制違憲訴訟を通じて知り合うことができました。
そして、内田雅敏弁護士は安保法制違憲訴訟の会の共同代表で、私が事務局をお手伝いしていたときの上司にあたります。また、コスタリカに学ぶ会事務局長でもある杉浦ひとみ弁護士も上司でした。お二人とも、もちろん推薦しますと言ってくださいました。
加えて、全国の原告仲間でもある、安保法制違憲訴訟やまなし原告団長の金野奉晴さん、大田区議会議員の奈須りえさんにも、推薦していただきました。
プライバシー・アクション代表としてマイナンバーの問題に率先して取り組んでおられ、かつ官製ワーキングプア研究会理事長の白石孝さん、選挙時のポスターデザインなど、お世話になっている株式会社サステナ代表マエキタミヤコさん、西東京市在住で、医療福祉施設スタッフで子供シェルターボランティアスタッフの大島木綿子さん、憲法屋の活動で、一緒に缶バッジを売っていたDTMerの斉藤恵さん、西東京市在住温泉ソムリエタクシー保谷泉さん、また、様々な市民運動でご一緒している日本長老教会西武柳沢キリスト教会牧師の星出卓也さん、西東京市長選挙異議申し立ての会から生まれた「どうぶつ村のせんきょ」の絵を一手に引き受けて絵本を完成させてくれた西東京市在住の絵描き、ふるうちTARAさん、そして、亡き叔父の知人でもあった三鷹市議会議員の嶋﨑英治さん。

さまざまなご縁でつながっていただいた皆さんからの「推薦します」のメッセージいただきました。ありがたく受け止めさせていだだきます。この後も、メッセージが届きましたら、掲載させていだきます。

立候補予定者説明会+森てるお市議駅頭動画

今日は立候補予定者説明会に行ってきました。
森てるお市議に付き添っていただきました。
下記は、駅頭街宣にご一緒したときの動画です。
選挙の準備が遅いと怒られますが、ずっと発信してきたので、それとこれが別のはずはないと考えています。
にこにこ駅頭で挨拶だけという方たちとは一線を画したいのです。
市民活動の積み重ねがなかったら、森てるおさんが応援してくださるはずはないのです。
いろいろと教えていただこうと思っています!
あと2カ月。駆け抜けます!

無限えだまめふたたび

農業講座は毎週火曜日なのですが、ブログを書くのが遅れました。
日にいくつかブログネタがある日は、結局忙しすぎてブログにたどり着かないのです。。。

最初の写真はこの日の畑の光景です。先週、枝豆を一列収穫したので、今日は残りの一列を収穫します。

前回、間引きをした白菜は、直後にくたっとしていたのが、シャキッとよみがえっていました。

この日は、枝豆を収穫した後は、畦の表面を掘り返し水はけをよくするという作業をしました。

一番下の写真は、水はけをよくした状態です。白菜は水はけをよくしておかないといけないそうです。

枝豆収穫時に、きらきら光る緑色のカメムシを発見して、仲間ととくに退治もせずにいたので、最後に質問してみました。

カメムシは害虫なので、退治する必要があること。もっとも手でつぶすとかなり臭うそうです。(手でつぶす勇気ないけど)
小さな家庭菜園では、害虫は人力で退治すればいいそうで、小さなアブラムシなどは水で流してしまえば、落ちたものが上がってくることはないのだそうです。

前回は2本だったので、今回は3本頂くことができた枝豆の茎から外して茹でました。
この枝豆はF1ではないそうで、もう収穫して食べてしまわないとすぐに黄色くなって、大豆になってしまうのだそうです。美味しかったです。

日本語ボランティア入門講座修了証書

日本語ボランティア入門講座の修了証書をいただいてきました。生活言語の習得と学習言語の習得は異なり、学習言語の習得に時間がかかるという話が特に重要だと感じました。どの言語で学ぶか、どの言語でこの先職業に就くか。九九が言えても意味がわからず計算はできない子がいるそうです。でも、母国語の九九で考えれば、ちゃんと答えは導ける。日本語にこだわらず、数学の学習は分かりやすい言葉ですればいいのです。

エーゴを話せるのはいいことと、わたしも多かれ少なかれ、そのイメージに振り回されて生きてきましたが、基本のキである日本語がちゃんとしていないと、外国語の習得もままならないと思います。
昨今話題のスピーキングテスト導入について、ベネッセが儲かるという以外の理由がよく分からずにいます。
所詮ガイジンであるわれわれが、エーゴを日本語なまりでやっと話せることに、何の問題があるのでしょうか?エーゴネイティブのご主人様が聞き取りやすいように学ぶのでしょうか?
とにかく、エーゴコンプレックスに振り回されるのを辞めて欲しいです。

一方、日本語習得がままならず、支援学級で学ぶという状況になる日本語ネイティブでないお子さんたちがいるのは、問題と思います。
将来、日本と、その子の一方のルーツ国の友好のために活躍してくれる可能性を秘めた子どもたちに、きちんとしたフォロー体制をつくるのは、この国の未来のためにも大事なことと思います。