西東京市役所が心配になった件

今日は予算特別委員会を傍聴しました。
10時からのはずが始まらず、まず理事会とのことで、一旦自宅に帰って、何度か電話で確認して、結局午後1時過ぎから4時45分(終了)まで傍聴しました。

事務的なミスがあり、各所管課が登録し財務課が本登録をするとのことで、その業務手順について質問がありました。各所管課から財務課へは、直接依頼があるか(口頭でということか?)、電話での依頼とのことで、とてもアナログな印象を受けました。今どきのシステムは、所管課が登録すれば自動的に財務課にデータが送られるくらいのことは当たり前だと思うのですが、なぜ、そうなっていないのでしょう?

・ベテランの職員がいない
・異動で仕事のわかる職員がいなくなる

というような指摘がありましたが、熟練を要する仕事とは思えません。なされるべきIT化がなされていなくて、それに誰も気づいていないのが問題と思います。

もう一つ、書面の数字が合っていないという初歩的なミスが指摘され、チェック体制が甘い云々でやり取りがあり、担当者が「電卓を叩いてチェックする」との発言に耳を疑いました。
また、ここに突っ込みが入らないことも不思議で、傍聴席から発言したくてうずうずしましたが、傍聴席はおりこうに座っている以外は認められないので、スマホでメモを取り続ける以外に、何もできないのでした。なので、ブログに愚痴を書いております。

ミスの発生を防止するために、課長が「電卓を叩いてしっかりチェック」と部下に命ずるようなのですが、わたしが部下だったら、ばかばかしくて仕事をする気にならないでしょう。
システムからはcsvが吐き出せるはずで、それをエクセルで開いて、彼らが紙ベースでしているらしいチェックをエクセルでする手法を伝授したいです。
この手の業務を、今どき電卓叩いてケアレスミスがでないように徹底チェックしていたら、みんな過労死するのではないでしょうか。
PCをまともに使える部下は、ばかばかしくてメンタルがやられそうな気がします。この手の仕事で電卓を強要されたら、わたしなら辞表書きます。上司のスキルが低すぎると言うのは、耐えがたいのです。
今どきの学校はもっとまともなことを教えているでしょうから、スキルが低いのは上司の方で、部下ではないだろうと思います。
もっとも、この空間に順応して数年が経過したら、スキルも伸びませんし、世間一般のIT事情からは置いて行かれることになるでしょう。
西東京市役所がとても心配になりました。
一人一台パソコンがあるんですよね?
そのパソコンにエクセル入ってますよね?
一度わたしを講師に呼んで貰えませんか?ボランティアでいいですから。

農業を知る講座

昨日は2回目の農作業でした。
今日は雨に降られて、ふかふかの土が泥々になって、手袋や長靴に着きました。
デスクワークばかりしていた身には、自然に全身で向き合う農業は知らないことだらけです。

保谷先生のご指導の下、ブロッコリーとキャベツの苗を植えて、前回マルチを敷いたところに3種類の大根の種を蒔き、さらに白菜用のマルチを敷いて白菜の種を蒔きました。大根と白菜のマルチの上には遮蔽を被せました。
注意点としては、マルチの穴に種は1粒ずつ少し離して大根は3粒、白菜は5粒撒いて、大根は1つだけ残して抜いてしまうそうで、この間引き菜も貰えるのだそうです。
また、白菜はマルチの〇を1個置きに一つ残すのだそうで、間引き菜がたくさんできることになります。
加えて、今日はお土産にブロッコリーとカリフラワーの苗を持って帰っていいとのことで、家に帰ってから、自家流畑もどきを作ったのですが、いい場所とは言い難いので、どうなることやら。。。。

 

手話講座

地元西東京市で手話を習っています。

今日の授業はとても楽しかったです。

二人ペアになって、一人が文章を読み、一人が手話通訳をするのですが、テキストは同じものを繰り返し読むので、後半の人たちは流石に上手にできました。

わたしも運良く最後の方だったので、自分の役割をこなしたのですが、わたしのところで先生が笑い転げていて、そこまで面白いことをしたのか、自分では???なのでした。

手話は指先だけでなく、表情も含めた全身勝負で、考えたらエーゴも同じで、とにかく通じれば解決するのです。

どうしても説明がつかないときは、現物を見せるのが手っ取り早いし、道を聞かれたら、説明するより、連れて行って差し上げるのが一番いいのです。

わたしのテキストは、1日を説明したもので、「朝起きたらいい天気だったので、洗濯して、午後はデパートと郵便局に行って、8時に夕飯食べて、テレビ見て、お風呂に入って、11時に寝る」というもので、この寝るを、気絶したように寝たフリしたのがウケたのかもしれません。

というわけで、そろそろ実際に気絶します。

やさしい日本語やさしい自治体

西東京市が主催している「日本語ボランティア入門講座」を受講しています。8月は夏休みで、本日再開したのですが、この後、日本語ボランティアの実地見学が1回あり、もう1回、zoomの講義を受けるとおしまいです。
いろいろと考えさせられる講座でしたが、今日は「やさしい日本語」がテーマでした。日本語を母語とせず日本に暮らす方たちで、少しは日本語が分かるようになった方たちに、やさしい日本語で説明すると分かって貰えるということで、例えば「父母」ではなく「お父さんお母さん」と言うなど、実際の例にも挑戦しながらの講義でした。

ところで、大阪なおみさんは、お母さんが日本人でお父さんがハイチ系米国人で、流ちょうな英語を話し、日本語はカタコトという印象ですが、日本国籍を選ばれたとのことで、日本国民であるとの紹介があり、これに対し、某市に住むある女性は、ご両親が外国籍で家庭ではその国の言葉を話すのだそうですが、彼女自身は日本生まれの日本育ちで、ご両親の言語よりも日本語の方が得意で、日本の学校を卒業しているのだそうです。が、係累との関係もあり、日本国籍を取得することは考えていなくて、岸田首相が「日本国民」というときの、「日本国民」には該当しないことになります。今日の講師はこの女性と親しく、何でも聞ける関係とのことで、彼女のアイデンティティーについて質問してみたのだそうです。
彼女は、自分は日本人ではないが、〇〇市民だと答えたそうです。なので、自治体の長が「〇〇市民」というときには、彼女は含まれるのです。この話、とても素敵な話話だと思いました。ついでに言うと、彼女に地方参政権(少なくとも投票権)が与えられることに、わたしは賛成です。

学童クラブアルバイト最終日

市内某所の学童クラブの夏休みアルバイト最終日でした。
7月21日からはじまって、夏休みが終わる8月末まで、週に3日程のアルバイトをしました。友人が学童のアルバイトをしていて、子どもたちが可愛いと言っていたので、わたしもしてみたかったのですが、安保法制違憲訴訟の事務局と両立するわけもなく、あきらめておりました。
3月いっぱいで事務局の仕事が終了し、年末の市議選に向けて、とにかく西東京市のいろんなことに参加することにしようと思っていたところ、夏休みのアルバイト募集に気がつき、応募してみたのです。

「先生」という呼称をどう思うかについて、一家言ある方も多いと思いますが、学童クラブのアルバイトも「先生」だそうで、「先生」と呼ばれるか「あーちゃん」と呼ばれるかの二択で、この二択は先生同士でもそうですし、子どもたちにとってもこの二択でした。

下記の画像は最終日に子どもたちからもらったメッセージです。
折り紙を思い出して教えてあげたので、それなりに子どもたちに愛されておりました。
最終日には、小2女子から、お返しにと、お花の折り方を習いましたので、忘れないように家に帰って復習もしておきました。

市民活動家の癖で、スピーチをする場面では、つい何らかの意味のあることを言わなければと強迫観念にかられ、小1から小4までの聞き手に向かって、概略、以下のようなスピーチをしました。

「あーちゃんは、還暦なんですが、かんれきってわかる?」
学童「わかんなーい」
「かんれきというのは、60歳です。」
(「あ、言っちゃった」という声が聞こえる。。。言ったっていいじゃん。^^)
「みんなより50歳以上年上です。もう50年経ったら、いくつになりますか?」
学童「120歳」「110歳」「あ、110歳だ!」
「生きてると思う?」
学童「生きてない」「生きてる」
「もし、生きてたら、日本で一番の長生きで有名になるかもしれませんが、生きてない可能性が高いと思います。みんなは生きてるよね!みんなは、50年経ったらいくつ?」
学童(4年生)「60歳」
「あーちゃんと同じ年だね。あーちゃんは、みんなと半世紀、違う時代背景を生きています。
みんなが学校でテストを受けるときは、100点満点ですよね。これから受験したりすることなりますが、学校の勉強は得意科目を伸ばすより不得意科目を伸ばした方が点数が上がります。80点を100点にしても20点しか増えませんが30点を70点にしたら40点増えます。
でも、社会に出たら、100点満点ではなくなって、無限になります。
そうなったら、得意なことを思いっきり伸ばしてください。
いい人生を!」

と、小学一年生には意味不明だったかもしれません。
あーちゃんは、学童のみんなに会えてよかったです。
短期のバイトがあれば、あと3カ月くらいの間で、またどこかに行ってみたいですが、もう雇ってくれないかもしれません。

市の問題としては、学童は定員の200パーセントを受け入れているそうで、大問題のように思います。。。。

「森てるおの拡声器」に寄稿しました

西東京市議会議員の森てるおさんが発行されている「拡声器」に下記の文章を寄稿しました。

『西東京市長選挙・異議申し立て顛末記』 山口あずさ

2021年2月7日執行の西東京市長選挙に於いて、現市長である池沢たかし氏の確認団体が市内に大量に配布したビラが違法であり、選挙の公正が失われたとして、市民60名が選挙のやり直しを求める異議の申し出を西東京選挙管理委員会に対して行いました。

ビラには「逗子での失敗のリベンジは逗子でやってください。ここは西東京市です。」と大書され、その裏面には、逗子市政の失敗を印象付けるように新聞記事等が意図的に引用されて、まさに気味の悪い怪文書そのものでしたが、そのビラには、発行元として「明日の西東京を創る会」と、池沢候補の確認団体の名称が明記されていたのです。

私は平井候補を応援していたのですが、どちらを応援していたかは一旦脇に置いたとしても、このビラは、私の住む西東京市を穢すものであると強く感じました。

選挙の異議の申し出については、2週間以内にしなければなりませんでしたので、急いで裏面に記載されたすべての記事の原文を確認し、このビラが事実をゆがめたものであると主張しました。残念ながら、市選管も、都選管も、東京高等裁判所も請求棄却となり、選挙のやり直しは認められませんでした。しかし、「氏名類推事項の記載がある」として、東京高裁は、私たちが当初から問題にしていた2号ビラのみならず、「徹底したコロナ対策」などとまともな政策が書かれた1号ビラも「前市長」との記載があり、違法としました。

氏名類推事項というのは、一般にはたいへん分かりにくい規定と思いますが、公職選挙法上、確認団体の出すチラシは候補者の氏名又は氏名類推事項を記載してはならないとされているのに対し、選挙の告示前から双方の陣営が候補者の前職(役職名)を宣伝しており、ビラが配布された時点で、西東京市民は役職名によって両候補の氏名が類推できたことを裁判所は認めたのです。

この件について、田無警察は告発状を受理しており、捜査が開始されています。

6月に、柳沢公民館で報告会を開催しました。森てるおさんにも参加していただいています。よろしかったら、YouTubeもご覧ください。

西東京市長選挙・異議申し立ての会活動報告会
2022年6月12日 柳沢公民館にて
https://youtu.be/zZ7AU9rINdI

ズームを使ってみよう!

この夏、毎日曜日連続5回「シニア情報生活アドバイザー」の講座を受講しました。今日が最終日で、認定試験が行われました。
わたしはずっとパソコンを使う仕事をしていたので、この試験に受からないということはないと思っているのですが、結果は1か月後とのこと。
試験結果は気長に待つとして、今日の試験は、まずプレゼンテーション試験が行われ、その後、実技試験、筆記試験と続きました。
プレゼンテーションについては、講座の途中で予行演習をして、アドバイスを受けて修正してというのを繰り返していますので、それなりに完成度の高いものを発表することになりました。
わたしが選んだテーマは、zoomで、「ズームを使ってみよう!」というタイトルで、プレゼンテーションを行いました。
せっかく作りましたので、パワーポイントのノート付きのPDFを公開することにします。
シニア向けですので、ものすごく分かりやすく作ったつもりです。
ズームが使ってみたいなと思っておられる方がいらっしゃいましたら、参考にしてみてください。

zoomを使ってみよう! ←クリックするとPDFが表示されます。

希望があれば、西東京市のみなさんと市政について、zoomでお話するという企画を行ってもいいなと考えております。
希望される方はいらっしゃいますでしょうか?

子どもの意見表明権 ~子どもの言葉を受け止めるしくみ〜

今日は、田無庁舎5階で行われた「令和4年度子ども条例市民講座 ~子どもにやさしい西東京を目指して〜」に参加しました。

この講座の第2部が坪井節子弁護士の「子どもの意見表明権 ~子どもの言葉を受け止めるしくみ〜」で、じぶんが泣くことは予想していなかったのですが、思わず涙があふれてきてきました。会場で泣いている人がたくさんいました。

不良になってしまった少女の話が衝撃的で、その少女が少年院を経て、苦労しながら大人になって、今度はじぶんのような子どものことがわかる大人になって、、、という実話なのですが、心打たれました。

いじめが原因で苦しんでいることを誰にもわかって貰えず自殺未遂をした少年、いくらがんばっても、もっと頑張れと言われ続けて心が壊れてしまったとても勉強のできる少女。家庭内暴力から逃れて暴力団と出会うことになった少女。子どもたちのSOSに無力感を感じながらも、なんとか立ち向かってきた坪井弁護士は、人権の柱として3つを掲げていました。

1 生まれてきてよかった
2 ひとりぼっちじゃない
3 あなたの道はあなたが選ぶ

動画と撮っていたので、公開してくださいと頼んできました。検討してくれるようです。
下記は坪井弁護士が理事をしておられる子どもシェルターです。多摩地区にもできるようで、もうすぐホームページが立ち上がるとのことでした。

社会福祉法人カリヨン子どもセンター

玉城デニー沖縄県知事

玉城デニー沖縄県知事

西東京市長選挙・異議申し立ての会の仲間で、「どうぶつ村のせんきょ」のチームふくろうの一員のはなぞのかなこさんが、この夏、沖縄に滞在していたのですが、なんと玉城デニー知事に絵本を渡してくださいました。

ラジオDJもされている山田マドカ那覇市議の紹介とのこと。同じ那覇市議の翁長タケハルさん(翁長毅志前沖縄県知事のご次男)にも渡していただきました。

実は、わたしは前々回の都議選に生活の党の公認をいただいて立候補しましたので、そのときに玉城デニーさんから、ため書きをいただきました。

翁長タケハル 那覇市議会議員

ため書きというのは、選挙のときに当選を祈願して巨大なポスターを送る習慣があるようで、わたしのところにも、先輩議員のみなさんが送ってくださったのです。

沖縄県知事になる前の衆議院議員だったデニーさんには、議員会館で何度かお目にかかったことがあるのですが、忘れられていると思います。。。。

でも、Facebookではお友だちです。
沖縄県知事選挙、応援しています!!

 

 

山田マドカ那覇市議会議員 ※中央奥がはなぞのかなこさん