今週の畑

今週の畑最初はこんな感じでした

今週の畑はこんな感じでした。
雨が強く降ったので、土の表面が固くなっています。これを柔らかくするために、道具をつかって表面をさっと掘り返す感じで、なぜていきます。

上から二枚目の写真にある道具はヨーロッパのものだそうで、保谷先生は名前を忘れたとおっしゃっていました。

雨が降ったので土の表面を柔らかくします

実際にころころと転がしてみると、気持ちいい感じでころがって、土の表面を掻いているような感触でした。

これも土の表面を柔らかくするものです

 

 

 

 

 

3枚目の写真にある熊手のような道具(熊手でいいのかな?)も、同じく土の表面を柔らかくする道具です。

表面を一通り軽くなぜていきます。

 

 

土の表面を平にします

次に、土の表面を平にします。

保谷先生は鮮やかです!

 

 

 

 

 

土の状態が整いました

準備完了です!

 

 

 

 

 

 

マルチを敷きます

今日もマルチを敷いていきます。ビニールに書いてある字が読める方を上に向けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルチの端をひっぱります

しっかり張っていきます。

皺にならないように体重を使います。左右の足でビニールを踏んで土をかぶせます。

 

 

 

 

 

 

 

カブの種

一列はカブです。播種は3粒ずつです。

 

 

 

 

 

 

3粒ずつ種まき

種が3粒入っているのが見えるでしょうか?この穴はペットボトルの蓋を土の表面に押し当てて開けました。カブの種は青みがかった仁丹のようです。
カブは上等な種を買わないと、割れてしまうのだそうです。

 

 

 

小松菜の種

小松菜と春菊は半列ずつ播種をするのですが、霜に弱い春菊を、日がよく当たる方に植えることにして、手前に小松菜の種を撒きました。

前回の種(ほうれん草)よりも少し小ぶりですが、色は同じ青です。

 

 

3粒ずつ種まき

3粒ずつ播種しました。

 

 

 

 

 

 

春菊の種

コーティングなしの種が新鮮に思えました。春菊の種は、4粒から5粒撒きました。

[ひばりタイムス]「国葬」反対の街頭行動 西東京市民連合が田無駅前で

23日の田無駅頭街宣について、ひばりタイムスが記事にしてくださいました。ありがとうございます!

https://www.skylarktimes.com/?p=39441

多くの人が反対し、「服喪のお願い」すらできなかったということが重要と思います。喪に服すか否かは人権問題なので、強制されてはならないのです。

0923国葬反対田無駅北口駅頭街宣

9月23日、西東京市民連合主催で「国葬反対」の駅頭街宣を行いました。上記は山口の最後の〆の挨拶に開始を設定してありますので、数分、お付き合いいただければと思います。

本当は9月18日にもひばりが丘駅頭で街宣をするはずだったのですが、台風が来てしまいましたので、断念しました。
23日も、天気予報を見るたびに、予報が変わると言う不安定な空模様でしたが、西東京市民連合として、駅頭街宣をしたいという気持ちの方が勝ちました。
幸い、街宣の最中にはなんとか天気が持ちました。

下記は、駅頭街宣でご紹介した動画「国葬を考える」です。石川健治教授のところから始まるようにしてあります。

国葬が違法だと言われるのは、「服喪義務」を課されかねないところにあります。吉田茂元首相の国葬が行われたときは「服喪」について、お願いベースだったそうです。世論調査の結果で、圧倒的に反対が多い状況ですので、今回の「国葬」だか「国葬の儀」だか「国葬儀」だかについては、「お願い」すらできない状況に陥っています。(※石川先生の受け売りです)

27日はどうせ国葬が行われるのだろうと、白けている方も多くいらっしゃると思いますが、反対の声をきちんと上げておくことが、とても重要だと思います。何にとって重要かと言うと、わたしたちの人権にとってです。
喪に服すというのは、わたしたちが自由意思で行うべきものであり、国家に強制されるゆわれはなく、お願いされるのも迷惑なのです。

青い種

青い種

一昨日になってしまいましたが、台風でどうなることかと思いながら、種まきをしました。
この青い種、天然の色ではなく、コーティングしてあるそうです。
そのまま食べてもおいしそうですが、スナックではありません。
種自体に棘があるそうで、扱いやすいようにコーティングがなされているとのこと。これは、なんと、ほうれん草の種なのです。

先週敷いたマルチ(穴の開いたビニール)

きょうは保谷先生は別の用事があり、畑にはいらっしゃらなかったのですが、先輩方のご指導のもと、種まきをしました。
種は、先週敷いたマルチの上に撒くのですがドリンクの蓋部分をマルチの穴の開いたところに軽く押し当てて浅い穴をつくり、そこに3粒ずつ撒きます。
ほうれん草は、間引きはしないのだそうです。
種を撒いた上には、軽く土を掛けます。種が出てくるのに苦労しないように、軽く掛けるだけで、押さえたりはしないのです。

蓋の部分で種を撒く穴をつくります

10月のはじめには収穫できる枝豆も順調に育っていました。

枝豆が育っています

 

シニア情報生活アドバイザーに合格しました

この夏、NPO法人西東京NPO推進センター 〔セプロス〕主催の、シニア情報生活アドバイザー養成講座を受講していたのですが、昨日、メールで受講者3名、全員の合格のお知らせをいただきました。
合格者が希望すれば、デジタル庁認定の「デジタル推進委員」にもなれるとのことでしたので、これも希望しておきました。

わたしが大学を卒業して新卒となったのが1984年ですので、ちょうどオフィスの居室に一台ワープロが鎮座しているような時代でした。
学生時代に、短大が併設されていてタイピングの授業があり、4大生も希望すれば受講できたので受講し、また、アルバイトでキーパンチャーをしていましたので、職業に就いた段階でキーボードが使いこなせる状態でした。そのお蔭で、わたしはワープロからパソコンに移る時代にうまく乗っかってきたのだと思います。
さまざまな資格制度は後から出てきましたので、とくに資格をとる理由もなかったのですが、90年代の初頭に、ワープロの先生にでもなろうかと思って、ワープロ検定2級なども取得しました。もっとも同時期に新しく内田裕也氏の個人オフィスができて、秘書みたいな位置づけで仕事をすることになり、数段楽しそうでしたので、ワープロの先生になる話は断ってしまいました。天職と思って始めた内田裕也氏の秘書職は数カ月しか続かず、その後、オフィシャルサイトを作ることにはなるのですが、別の仕事に就くことになり、NTT武蔵野通研に派遣で行くようになりました。
結果的に、短期雇用契約で15年勤めることになったのですが、この職場との出会いが、わたしのITスキルの原点になりました。他の職場だと、ソフト購入について、いちいち悩むことになるのでしょうが、研究所ですので、必要なソフトを買うことに何のためらいもなく、スキルアップにつながりました。

今、市議選に向けての選対会議を行っている中で、ITが得意だということも打ち出したらどうかとの提案してくださった方があり、そのときは、ピンとこなかったのですが、市議会を傍聴していて、ITがわかる人が議会にいないと、西東京市役所での管理職の頓珍漢な指導に議会がお墨付きを与える構図になることを目の当たりにして、ITの知見を役立たせることができそうだと、実感しています。

カルチャーの語源としての農業

ここを耕すとふかふかの土になります

かつて大学時代の恩師から、カルチャーの語源はcultivate(耕す)なのだと聞いて、ちょっとした感動を覚えたのですが、今日はまさにcultivateを見て、やわらかい土壌が文化の発展のためには必要なのだろうと思い至りました。

理屈っぽいことを考えては一人感慨にふけってしまうのですが、鍬を持って畝をつくる実践では、なぜこんなに下手なのか、運動下手

肥料計測中

と耕作下手も関連しているのか、直感というものがわたしの運動神

経には備わっていないようで、???なのです。

傍から見たら、へっぴり腰の見本のように見えるだろうなというのが自分でもわかるのですが、へっぴり腰でなくなるためにどうすればいいのかは謎です。

保谷先生は慣れれば簡単とおっしゃいますが。。。

固い土の上に、それぞれの作物に適した肥料を撒きます。

それを耕運機で耕します。耕運機は免許はいらないそうですが、この作業は保谷先生が一挙に仕上げ

保谷先生cultivate中

てくださいます。

昔の人は手作業だったのでしょうから、さぞ大変だっただろうと思います。

耕運機には鋭い刃が付いていますが、これが回転して土がふかふかになります。

ふかふかになった畑に畝を作って、マルチを敷きました。

来週はここにほうれん草の種を撒

Cultivateする耕運機はこんな刃が付いていました

くのです。

今日は帰りに人参の間引き菜をいただいてきました。

人参を植える時期は、酷暑が続いていて、ぜんぶ保谷先生がやってくださったので、間引くところから受講生は参加しました。

太めの人参の苗を残して、10センチくらい間が空くようにして間引くのです。間引き菜ももちろん食

耕したところにマルチを敷きました

べられます。

てんぷらがいいとかナムルがいいとか、家に帰って、ネット検索してナムルにしました。

にんにくを入れるレシピと、鶏がらスープの素を入れるレシピを見つけたのですが、この後、外出の予定もあり、鶏がらスープとごま油のレシピを選び、3センチくらいに切った人参の間引き菜を熱湯で2分ほどゆでてあえるというのをしました。

仲良しのお隣さんに珍しい副菜を一品差し上げたところ、食事の時間でもないのに、すぐに食べてしまったそうで、上手にできているとお褒めの電話をいただきまし

今日の畑はこんな感じ

た。
嬉しかったです。

人参の間引き菜

東村山散策

小島くん(シェフ)、黒島くん、美太郎さん、山口

日曜日、Facebookで再会した高校時代の同級生とミニ同窓会をしました。
場所はクラスメートの小島くんのお店「ロ.スティバーレ」。
ここでも国葬談義になったのですが、オリビア・ニュートン・ジョンがオーストラリアで国葬になるとか、マラドーナがアルゼンチンで国葬になったとか、素直に納得できる人物名がでてきて、なぜ我が国は。。。と不思議でなりません。
ここらへんをよく散歩するという美太郎さんが、都内唯一の国宝がこの近所にあると教えてくれたので、帰りに寄ることになりました。

正福寺地蔵堂(通称:千体地蔵堂)、パンフレットによれば、建立は1407年だそうです。1000体を超えるお地蔵様が堂内に祀られているそうで、都内唯一の国宝木造建造物なのだそうです。
思いがけず観光気分になったので、駅の反対側にも行ってみました。

実は大学教授の美太郎氏とアイーン。

使わないと消えるお金

ときどき、脳裏に浮かんでくる妄想なのですが、「使わないと消えるお金」をありとあらゆる人に持たせたらどうなるでしょうか。
電子マネーで午前0時に100円が発生し、この100円は24時間以内使わないと消えてしまうのです。
が、使っても使わなくても、午前0時には100円は常あるという状況を作り出すのです。
西東京市は安っぽいカードに「プレミアムカード」と印刷して、5000円で7000円分使えるカードを発行しましたが、スマホのある人はスマホに、ない人はカードに100円が午前0時に追加されるのです。このお金は貯蓄不能なのですが、すべての人が手持ちが一銭もないという状況を作り出すのです。
そして、このお金は使わないと消えてしまうので、使わないでいて翌日200円にはならないのです。
100円では暮らせませんが、朝起きたときに、少なくとも100円が手元にあれば、餓死はしないはずです。
このような状況を作り出すのに、いくらかかるでしょうか。
100円を使うことを楽しみにする人も出てくるでしょうし、このカードマネー用の商品も出てくるでしょう。
これに対して、たかだか100円を使うためにどこかの店にいくのは面倒だという人も大勢いるでしょう。
国家でなくてもいいので、ソフトバンクとか楽天とかが、魔法の100ポイントサービスを始めてくれてもいいです。
ちなみに、経済学者がそのうち解説してくれると思いますが、コロナ禍で税金のかかるお金をばらまいてくれたお蔭で、市の税収はかなり増えたようなのです。
国家が仕組みを作って国民全員に配ってくれるのであれば、この100円は課税の100円で、年間で使った分を所得として換算してもいいです。
そうすれば、消費税と所得税が同時にかかる100円をわざわざ使うことにエネルギーを使う人は、減るでしょう。
税金のかかりようのない人だけが使うことになれば、予算も少なくてすむでしょうし、消えるお金でコーヒー一杯の売上が伸びれば、コンビニの経営も改善するかもしれません。
餓死のしようがなくなる国をつくってみたいです。

離婚談義

夕方のNHKを視聴していたところ、両親が離婚し、一緒に住んでいない親に会えないとか、父親の話をすると母親が機嫌が悪くなるとかの話を放映していて、わが身の特殊ケースを紹介してみようという気持ちになりました。
ご参考までに、書いてみます。

わたしは生まれたとたんに両親が諍いをはじめ、兄の親権を巡って裁判沙汰にもなり、1歳で離婚成立という過激な生い立ちなのですが、じぶん自身はあまりに小さかったので、両親の喧嘩を記憶していなく、幼い頃のわたしは祖父の膝の上で、祖父の絶対の後ろ盾を疑うこともなく、この家(母の実家)の中心は自分であると言う幻想の元に育ちました。
長じてから友人のようになった異母妹が言うには、「あーちゃんは大人の配慮がある育ち方をしている」とのことで、それは確かにそうだっただろうと思います。
わたしの中には、結婚離婚に関する偏見が皆無なのです。

つい先日、学童のバイトをしたのですが、某小1が、「結婚してないの?」「子どもも生んでないの?」と聞くのです。
「そうだよ」と答えましたが、6歳のオリジナルな発想による問いかけとも思えず、誰かに植え付けられた考えがあるのだと感じました。

わたしの生い立ちは、そのような価値から完全に保護されていたように思います。
つまり、いじけた子どもになってもらったら困るという配慮が、結婚の大いなる価値を幼子に吹き込むということをしなかったのです。
その代わりに、明治生まれの祖父母は恋愛結婚だったそうで、祖母は幼児だったわたしに、「おじいちゃんとおばあちゃんは恋愛結婚だったのよ」と言い続け、少し大人になった孫に祖母が言うには、じぶんのお姉さんが重い病気になったことがあって、そのとき、見合いの結婚相手が決まっていて、もしお姉さんに何かあったら、代わりにその家に嫁に行けと言われたどうしようかと思っていたと言ったりしました。

というわけで、わたしは結婚の価値ではなく、なんだかよくわからない「恋愛」というものが重要らしいと言う価値観を持つことになりました。
それが理由で結婚しなかったわけでもないのですが、恋愛を犠牲にして結婚しようという発想はじぶんの中には皆無だったのは確かです。

さて、NHKの特集にあるような離婚後の父との面会ですが、父に遊んで貰った記憶もなく、父に会いたいという発想はわたしの中にはなく、また、父がいないということについては、わたしには、世間一般の父よりも一段格上の祖父がおり、その存在の大きさによって、わたしは何ら不足を感じることもなかったのです。

住まいが近かったわけでもなかったので、幼児の頃に父に会った記憶があり、その後、小学生の頃にも会った記憶があり、それは決して頻繁ではなく、ぽろっと会う機会があって、父という生き物がいることを認識はしていたのですが、父に対する感情というのが、じぶんにはよくわからず、大学入学の際にスポンサーにはなってくれて、そのときはとくに有難いとも思っていなかったのですが、ロースクールに行きたくなってしまったときに、とりあえず自分が大卒であったので、行こうと思えばすぐにローに入ることができることについて、感謝する気持ちになり、父にお礼をいったところ、お礼を言われた父は、驚いた顔をしていました。

わたしには、兄弟姉妹がすべているのですが、その誰とも一緒に育っていなくて、繁殖力の強い個体であった父に、他の兄弟と一緒に会うのは落ち着かず、会うのであれば、一人で会わないと、なんだかしっくりこない印象もありました。

その父もこの春、亡くなったのですが、思いの外ショックを感じていて、ネット上に何も書かずにいました。
葬儀のときに、異母姉とも会ったのですが、みんなで話していて、この姉のお母さんが父のことを一番好きだったのではないかと思いました。
姉は、その母親から聞いた父の学生時代の青春の思い出を語ったのですが、美しい思い出のようで、不思議な印象を持ちました。
姉の母親は、父の悪口を言ったことがないそうで、わたしの母は父の悪口も言っていましたが、批判と称賛をバランスよく語るようにしていたそうで、なぜかというと、子どもがじぶんの父親を劣った人間だと思って育つのはいかがなものかと思っていたからのようで、憎しみを植え付けるというようなこともしなかったのです。

加えて、異母妹が言うには、一度食べたことのあるわたしの母の料理が、父の好きな味付けで驚いたそうで、「パパは女遊びはしたかったけれど、あーちゃんのお母さんと離婚したくなかったんじゃないの?」と言われて、こんな会話ができる異母姉妹も珍しいだろうなと思いました。

兄は両親が同じ兄ですが、父が溺愛していて手放さず、父方で育ちました。
この兄が、「葬儀に来てくれて、あずさは偉いね」というので、「別に恨んでないし」と言いました。

奇妙な崩壊家庭です。
もちろん父母の離婚の際にはかなりの修羅場だったはずですが。

西東京市役所の業務改善に関する陳情

 

陳情事項

1 9月7日予算特別委員会におけるデータ登録に関する議論について

2 同日同委員会における補正予算書のケアレスミスに関する議論について

趣旨(理由)

9月7日に予算特別委員会を傍聴しました。また、7月22日のインターネット中継も視聴しました。

1について、再発予防について、入力ミスに対する二重チェックの必要性が強調され、声出しでの読み上げをすることが繰り返し確認されておりましたが、このような業務遂行について、疑問を感じましたので、陳情します。

 

〇業務内容について(市の職員による解説)*インターネットで視聴したもの

①担当者がひとりで届出の原本等に基づきシステムに入力

②システムから出力された入力の確認用紙と届出の原本との突合

③二人の担当者がそれぞれひとりずつで突合を行っていた

④ダブルチェック(複数人での声出しの読み合わせによるチェック)がされていなかった

 

上記のような業務について、改善すべきは、③④ではなく、①②の部分であるように思われます。西東京市の業務において、たび重なるミスが発生しているのは、職員の不注意や、ダブルチェックへの対応の不徹底ではありません。

今現在、たとえば、インターネットで銀行振込をするときには、支店番号を入れれば支店名が、口座番号を入れれば口座名義が確認できる仕組みになっています。

西東京市のシステムが、どのようなものかまでは分かりませんが、少なくとも、銀行の支店名及び支店番号が書かれたデータは存在するはずで、エクセル等で入力して、支店番号を入力すれば支店名が出てくるようにすれば、数字と数字の突合などというケアレスミスを誘発するような業務は発生するはずがないのです。

もっとも、市民が届け出た原本に支店番号が記載されているかどうかも、怪しいように思われます。通常、振り込み先を書くのであれば、支店番号ではなく、支店名を記載するようになっているのではないかと思うのですが、支店番号が記載されているのであれば、書かれている支店番号自体が間違っている可能性もあるでしょう。

銀行の支店番号と支店名を書いたデータがあれば、エクセルのvlookupという関数で、データの照らし合わせができますが、エクセルの関数云々よりも、きちんと予算を付けて、システム自体を改善すべきと思います。

とにかく、西東京市のたび重なるミスは、担当者の責任ではなく、まともなIT環境がないことが最大の原因があり、職員に対する声出しの読み合わせの強要など、パワハラとしか思えません。

また、所管課が入力し、財務課が本登録というような話も出ていましたが、所管課が入力すれば、財務課にデータが飛んで処理というのが当たり前で、そのようなシステムでないことが不思議です。

所管課の職員が財務課に出向いたり、電話したりしてやっと本登録という仕組みは、想像を絶するアナログぶりです。

その点に目を向けず、マンパワーの落ち度であるという議論は、不見識にもほどがあります。

ことITに関する限り、若い人を信頼して仕事を任せない限り、業務改善など永遠にできません。管理職がするべきなのは、事細かな業務指示ではなく、若い職員がそれぞれの創意工夫を発揮できるような雰囲気づくりであるべきで、そうでないのであれば、有害と言っていいでしょう。例えば、「声出しで読み合わせをしろ」と命じて、若い人のやる気を削ぐというのは、絵に描いたような実例です。

2について、市民課長の答弁だったと思いますが「電卓を叩いてチェックする」という発言がありました。わたし自身の数十年に及ぶ事務処理業務において、電卓を使うということなかったので、耳を疑いました。

西東京市役所の職員は一人一台のパソコンを与えられ、パソコンにエクセルも入っていると思います。

令和4年度西東京市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)及び同説明書 正誤表を確認しましたが、きちんと、一行一データで作成されているようです。

このデータがエクセルでできているのか、何らかのシステムからの吐き出しなのかまではわかりませんが、一行一データということは、説明部分に記載されている数字とこれに対応する左側の対応部分を、例えば引き算する欄を欄外に作成すれば、ゼロ以外のところはミスがあるとうことです。

空欄マイナス空欄もゼロになりますので、確認列を一列作成する方が、時間をかけて「電卓を叩く」よりも正確です。

エクセルで作成したのではなく、何らかのシステムなのであれば、そのようなチェック欄をシステム上に作成するか、恐らくcsvでの出力が可能でしょうから、そうであれば、エクセルに読み込むことができます。

900人を超え、1000人近い西東京市の業務体制において、エクセルがまともに使える人がひとりもいないはずはありません。

若い人は、職業に役立つ資格をいろいろと取得しているのではないでしょうか?

上司は、業務を手取り足取り指導するのではなく、若い人の持っている力を引き出すべきで、「電卓を叩け」などという、いつの時代かわからないような指示を出すべきではありません。

たまたま特別委員会を傍聴し、職員が気の毒に思いましたので、陳情を書きました。

善処していただけますよう、お願い申し上げます。